ワードプレス集客で抑えて起きたい11のリスト

ワードプレス集客のコツ!抑えておきたい11個のやるべきリスト

  • ワードプレスで集客したいのでその方法が知りたい。
  • 集客できるワードプレスを作りたい。失敗しないコツを知りたい。
  • でも情報が多すぎでググっても結局何をすればいいのか分からない。

あなたがもし、そんなことでお悩みだとしたら、ぜひこの記事を活用ください。

この記事ではワードプレスを集客に使いたい個人起業家の「11個のやるべきチェックリスト」をお伝えします。これらをおさえればその他のことは心配せずともまずは大丈夫です。

あなたのワードプレス・ブログ集客にお役立ていただければ幸いです。

【設計】サイトのコンセプトを明確にする

ビジネスのコンセプトを明確にするブログ集客、ワードプレス集客ができない…と悩む方の多くは、記事の書き方よりも「ビジネスの特徴がはっきりしない」という根本のケースが少なくありません。

コンセプトとは「選ばれる理由」です。「差別化」とか「USP」と表現することもあります。
つまり「どんな人のどんな悩みを解消し、どんな状態になれるビジネスなのか」を短いフレーズで表現したものです。

例えば「片付け」のサービスでは、このようなコンセプトとも言えないフレーズをつけてしまいがちです。

「美しい収納・快適な空間をご提案」
「あなたのお片づけをサポート」

これではその空間や収納を通した「人の心の変化や状態」が描かれていません。人がどう変化できるのか?を表現することが重要です。

例えば、片付けで著名な断捨離のやましたひでこさんは、ヨガの思想である「断捨離」の考え方を自身のサービスに取り入れました。

    • 断:入ってくるいらない物を断つ。
    • 捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
    • 離:物への執着から離れる。

『「モノと自分との関係性」を軸にモノを取捨選択していく』(公式サイトより)というコンセプトです。明確な特徴と考え方が分かりますね。

コンセプトは、見た時にその人の心をつかみ、欲しいと思ってもらえるものであること。もしはっきりしていないなら見直しして定めてください。

コンセプトを明確にするためには、

  • 対象ターゲット(ペルソナ)のどんな悩みに対する商品なのか?
  • 商品によってどんな状態になれるのか?(ベネフィット)

この2つを徹底的に洗い出して確認してみることです。競合他社をリサーチするのも良いでしょう。

コンセプトはビジネスの看板としてトップページのビジュアルに、コンセプト文とその内容に合わせた写真やデザイン画像を配置して伝わるようにし、サイトのタイトルやキャッチフレーズにも反映させておきましょう。

【設計】ワードプレスの目的を設定し、セールスの流れをつくる

販売までの流れ

起業家の集客ワードプレスでもっとも重要なことは、「アクセスを見込み客に変えてゆくこと」。これが個人起業家がブログ集客でやるべき目指す事です。具体的にはメルマガ・LINE公式の登録、オンラインサロン申し込み(初月無料体験込み)などがあります。

そのためにアクセスをメルマガなどのリスト獲得につなげるようにワードプレスを作りましょう。せっかく訪問した見込み客を取りこぼさないように受け皿を準備するわけです。

個人起業家がやるべきセールスの流れ

集客からセールスまでの流れを作る

  1. 自分に関心を持つ人=見込み客を集め(リスト獲得)
  2. その人たちに価値観や考え方を伝え
  3. その教育の土台の上にセールス

ワードプレスを作る時は、そのようにアクセスした人が購入するまでのセールス・ルートを具体的に頭に描き、それに必要なページ・ツールを用意しておきましょう。

メルマガ登録で準備すべきもの

  • メルマガ登録用のランディングページ
  • メルマガ登録の特典(本商品につながる動画講座など)
  • メールスタンドとの契約
  • ステップメールの作成と設定

LINE公式で準備すべきもの

  • LINE登録用のランディングページ(LINE登録のリンク、QRコードの掲載)
  • LINE公式アカウントの開設
  • LINEステップの作成(LINEとは別サービスの利用が必要。Lステップなど)
  • LINEステップ登録の特典(本商品につながる動画講座など)

セールスは必ず顧客リストを経由して販売する

あなたはもしかして、ワードプレスサイトから直接申し込みしてもらえると思っていませんか?

メルマガ登録してもらった読者にメッセージ、考え方、価値観を届け、その後に商品を販売する

「ワードプレスで集客できない」という方の中に、「見込み客リストを作る」という考えがない方がいらっしゃいます。つまり、サービスの説明ページを見たらその後、そのまま申し込んでもらえることを期待しているのです。

残念ながら、初めてあなたのワードプレスに訪問した人がいきなりその場で申し込むことは、実はなかなかありません。なぜなら、あなたの商品価値を十分に理解していないし、あなたのことをよく知らないからです。

だからこそ、メルマガ読者=見込み客リストに一旦取り込み、接触しながら価値観を教育していくことが大切なのです。

稼ぐ起業家の方々はほぼ例外なくメルマガをやっています。それがメルマガをやる理由です。何だかんだ言って効果があるから使われているんですね。

【準備】集客に適したサーバーを選ぶ

集客できるレンタルサーバーを選ぶ集客に適したレンタルサーバーは次の条件を満たすものとしています。

  1. 簡単インストール機能がある(名称はサーバーによって異なる)
  2. 無料のSSL設定ができる
  3. 高速化の配慮がされている
  4. 自動バックアップ機能がある
  5. サポートがしっかりしている(電話対応があるとなお可)
  6. ドメインが無料( ドメインの契約とサーバーとの連携作業が不要)※初心者は重要

特に、ドメインをサーバーと別々に契約し、その後それらを紐付けする作業が不要の、かつ、集客にふさわしいスペックや手頃な価格のレンタルサーバーをおすすめしています。

そうすると、自ずと絞られますので現時点では以下の3択です。

集客におすすめのレンタルサーバー
エックスサーバー
・月額1,100円〜
・ドメインが無料で使える
・定番で迷ったらここ
conoHa WING(コノハウィング)
・月額800円〜(36ヶ月契約の場合)
・ドメインが無料で使える
・高速
カラフルボックス
・月額約880円〜(36ヶ月契約の場合)
・サーバーとドメイン同時に申し込める
・災害に強い地域別自動バックアップ
・SSL付きですぐに立ち上げられる

ドメインの決め方

ドメインの名前の付け方は、シンプルで可能な限り短くわかりやすく。
第二ドメインの種類は色々ありますが、信頼性、メジャー感などを考慮すると、ビジネス向けには「.com」または「.jp」2択のみ。その他は不要です。

なお、このサイトのドメインは「kaori-creative.com」です。

【準備】集客に適したワードプレスのテーマを選ぶ

ワードプレスのテーマを選ぶ魅力的な記事画面を手軽に作ることができる仕様は、今や集客用のワードプレステーマには必須です。記事の見やすさに格段の差がつきますので、デモサイトの美しさだけで選ばないようにしましょう。
「集客に適したワードプレスのテーマ」はここでは以下の条件を満たすものを指しています。

集客ワードプレスにおすすめテーマの条件

  • SEOの基本設定がプラグインなしでできる
  • SNSとの連携の機能がプラグイン無しでできる
  • 固定ページにはランディングページ用1カラムのテンプレートがある
  • 装飾する枠線や吹き出し、画像を使わないボタンなどのパーツが入っている
  • 別記事のリンクを貼る時にカード型の仕様が入っている
  • 特別なコードを書かなくても管理画面からカスタマイズできる項目が多い

このようなことができるテーマは基本的に次のものに絞られます。

集客におすすめのワードプレステーマ
AFFINGER5 14,800円
ビジネス向けからブログまでオールマイティ。魅力的な記事作りが可能なパーツがたくさん仕込まれています。デザインスキンもある。
【THE THOR(ザ・トール)】
14,800円
複雑すぎず、バランスがよく使いやすい。吹き出し、写真などの横並び配置、マーカーなど必要なパーツが抑えられています。
Lightning Pro 7,700円
複雑すぎず設定も多くない。空きをゆったりとった上品なサイトを作ることができるのが魅力。どちらかといえばビジネス向け。
JIN 14,800円
ブロガー、アフィリエイターに人気のあるテーマ。気の利いたパーツや着せ替えが豊富。どちらかといえばアドセンス・アフィリエイト向け
Cocoon 無料で上記の集客できる仕様をある程度満たすのはこのテーマのみ。デザインのパターンはほとんどない。どちらかと言えばブロガー向け。

やってはいけない!NGなワードプレス テーマの選び方

販売ページのサンプルサイトは美しく見栄える工夫がされています。しかし、そのつもりで買っても、あなたの写真を配置した時、同じ高級感のある印象を作れますか?

オシャレ感だけでは選ばず、集客向けの機能があるのかよくチェックすることが重要です。

海外の無料テーマは…ムズカシイ!

サンプルサイトと同じ状態を作るには、ある程度の知識がある場合に限ります。インストールだけでは実現できません。初心者や知識が少ない人は避ける方が無難です。

国内製のTCDのテーマは…集客には不向き!

TCDは「据え置き型のホームページを作るだけ」の場合に向いています。
集客用のコンテンツ画面を作るには機能が不十分で、コーディングせずにカスタマイズできる範囲が狭い。また機能に対する価格バランスもよくないのもネック。
ワードプレスで集客をしたい起業家には、TCDをおすすめはできません。

海外の有料テーマは…レベルが高い!手間が必要な場合も

高機能でデザインレベルが非常に高い優れものが7,000円程度で数多くあります。ただし翻訳の手間が発生する場合も。
またアルファベットで完璧なデザインでも、日本語にしたら印象が変わる可能性があり、その辺を差し引いておく必要性はゼロではありません。

オススメする国産の有料テーマは価格だけの価値が十分にあります。投資と思って買うことをおすすめします。

【設定】集客ワードプレスに必須の設定をする

SSL化 と 非SSL未対応の比較

SSL化して安全性と信頼性をUP

SSL化とは通信を暗号化してハッキングやデーター改ざんなどから守る技術で、SSL化は今や集客ワードプレスに必須の設定です。URLは「https://〜」になります。

Googleはネットの安全性向上のためにSSL化されたサイトを検索結果で優先するとまで言っています。上図のようにSL化未対応サイトは「このサイトは保護されていません」とアドレスバーに警告が出るようになり、ユーザーに不安を与えかねません。

SSL化していないだけで集客に遅れを取ることがお分かりでしょう。普通のレンタルサーバーなら無料で設定できるので必ずやっておきましょう。

参考にしたい エックスサーバーでSSL設定をする方法

パーマリンクはGoogleが推奨するURLに設定しよう

パーマリンクとはワードプレスの記事URLのルールです。
Googleが推奨するURLとはできる限りシンプルな構造。つまり「階層は浅く」「URLから意味がわかる」ものです。

シンプルなURL構造を維持する

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

Google Search Console ヘルプ

🙆‍♀️ OK https://your-domain.com/my-dogs
🙅‍♀️ NG:https://your-domain.com/2020/09/09/my-dog

🙆‍♀️ OK: https://your-domain.com/wordpress-access
🙅‍♀️ NG:https://your-domain.com/archives/123
🙅‍♀️ NG:https://your-domain.com/?=1567

ワードプレス管理画面の 「設定 > パーマリンク設定」からパーマリンクは変更できます。以下の「投稿名」を選ぶようにすればOK。

https://your-domain.com/sample-post/
https://your-domain.com/%postname%

これをすることでURLがシンプルになること、投稿の内容と関連性のある名前を任意につけられるようになります。さらにはカテゴリーをあとから変えたくなってもURLに影響がなく、被リンク切れが起きません。

【設定】集客に必須のプラグインのみを入れる

ワードプレスのプラグインを選ぶプラグインとはワードプレスに機能を追加するプログラム。ネットには様々なおすすめプラグインの記事が大量にありますが、すでに時代遅れのプラグインを勧めている記事も少なくないので注意してください。

「機能面」から紹介すると特に初心者が集客に必要なプラグインの機能は次のものに絞られます。それ以外のプラグインは必要に応じて入れればよいので、心配しなくてもOKです。

集客に必要な機能のプラグインとは

  1. フォーム(お問い合わせ、お申し込み)
  2. 記事のもくじ
  3. 画像圧縮
  4. Google XMLサイトマップ
  5. バックアップ
  6. 高速化
  7. セキュリティ

以下の記事で機能別にプラグインを紹介しています。ぜひ参考にしてください。
参考にしたい 集客ワードプレスに必須のおすすめプラグインはこちら

同機能のプラグインが複数あって迷う場合は、インストール数やレビューの数が多いものを選ぶようにしてください。

やってはいけない!NGなプラグインの選び方

例えば「トップページにスライドが欲しい!」そう思ってスライド用プラグインを探してイントール。有効化して後は放置…なんてことありませんか?
プラグインが欲しいと思った時、はじめに使っているテーマにその機能がないか、公式サポートサイトや販売サイトを確認してみてください。機能を重複させないためです。ワードプレスの中は必要なものだけにしておきましょう。

また、プラグインには設定が必要なもの、インストールしただけでOKのものの2種類ありますが、ほとんどは設定が必要です。通常は管理画面の「設定 > プラグイン名」にメニューができますが、プラグインによっては左メニューに独自の設定ページ用のリンクができる場合もあります。インストールした後は注意深くみてみましょう。

メモ


アップデート情報がきたらプラグインは必ず更新して最新の状態にしておく。無効化したものも同じ。
集客ワードプレスを守るための大切な作業です。

【設定】集客の動線をワードプレスに設置する

ワードプレスで集客のナビゲーションを作る起業家のワードプレス運用の最終目的は「メルマガ登録のボタンを押してもらうこと」に他なりません。そのため、集客用ワードプレスで最も重要なナビゲーションはメルマガやLINEなどの「見込み客獲得」のためのページへの動線の設置です。

リスト取得のためのランディングページを作り、そこにブログの各記事から誘導しましょう。

CTA(行動喚起)の基本の置き場所(KAORi CREATIVE)

記事の読み終わり時はユーザーは気持ちに区切りがついていて何かを提示する良いタイミングです。なのでメルマガ登録へ促すボタンやバナーの一つは、記事下への設置をおすすめします。

あとはPCでは右サイドメニューの一番上が目につく場所です。ただしスマホでは記事のさらに下に移動されるので、PCの場合のみ効果的です。

ヘッダーメニューに「メルマガ登録」を置いても以外に目立ちません。目線が集中しやすいコンテンツ側に置く方が目につきやすくなります。

注意!動線配置のNGとは

ワードプレスで集客できない理由に、ユーザーに期待しすぎて実際のユーザー行動と合わない作りにしてしまっている、ということがあります。

「リンクをおけばクリックしてくれるはず」
「画像をおけばクリックしてくれるはず」

残念ながら、ユーザーは上から下まできっちり読んでくれません。ユーザーは「ながら読み」で興味のあるところだけ「拾い読み」しかしないのです。

だからこそ、大切な動線は、目につくようなバナーや文言、ボタンとセットにして誘導させてください。

かおり
そのためにも、いちいち画像で作らなくてもボタン等を簡単に作れるパーツが入っているテーマを使うことが重要になってくるんですね。おすすめしたテーマはそれを満たしています。

【コンテンツ】集客に必須!SEO対策をする

検索エンジン最適化:SEO対策アクセスが増えないんです・・・・

そう言う人のほぼ半数以上は、SEOを理解せずアメブロと同じ感覚で記事を書いているのです。SEOとは「検索エンジン最適化」のこと。

ワードプレス集客とは、検索エンジン対策(SEO対策)をする ほぼ同義語です。
ワードプレスで集客できない、売れない原因にSEOの理解不足があります。なので、ここではSEOの基本をお伝えします。

SEO対策の基本の考え方

SEO対策とは、ユーザーの「質問」の背景にある欲求や悩みに対し「回答を書く」ことです。

人が検索エンジンを使う時は、「何かを知りたい」「解決法を探している」などの場合です。そして検索フォームに入力する言葉はユーザーがGoogleに聞く「質問」ですなのです(その質問を「検索キーワード」と言う)。

例えば、お客さまからその「質問」された時、あなたはどうアドバイスしますか?ご自分ならではの視点で回答されるでしょう。つまり、SEO対策はそれを記事化したものとイメージしてください。

SEO対策したブログ記事とは、あなたの専門の解決力を知っていただく場でもあるのですね。

そのような記事が書ければ「この人の言うこと、わかりやすい。なるほど。もう少し話を聞いてみたい」となり、メルマガの登録に繋げる状態を作りやすくなるわけです。

SEO対策では時間が経っても劣化しにくい内容を書こう

アメブロやSNSでは「お知らせ」「開催報告」「子供が夏休み」などといったニュース系、イベント系の記事が多いですね。つながった人とほぼ同じタイミングで共有されるのでそのリアルタイム性に価値があるのです。

しかしワードプレスの場合、投稿タイミングと読むタイミングはバラバラ検索エンジンからのアクセスにはタイムラグがあります。

なので時間が経っても劣化しにくい内容を書かないといけません。劣化しにくい内容とは、お客さまの悩みや欲求、知りたいというニーズへの回答やノウハウ記事です。

SEO対策には検索キーワード=質問を定め、その質問の背後にある質問や欲求を推測して記事を書いていきましょう。

自分の書きたいことよりもユーザーの欲求に対して書くこと。これがSEO対策の本質です。
これができれば格段に説得力の高い記事が書けるようになります。

その他の重要なSEO対策

その他に抑えるべきSEOのやり方として、記事内容を検索エンジンに早く適切に理解してもらうための対応策があります。

  • 記事タイトル
    クリックしてページを開かれるかが決まる重要箇所。タイトルを見て読みたいと思うような工夫をする。
  • メタディスクリプション
    記事ごとに記事の内容を要約した100文字程度の「概要文(メタディスクリプション)」を書きます。これは検索エンジンに記事内容を知らせる役割があり、軽視されがちですが、書いておきましょう。
    ※おすすめのテーマには記事編集画面の中に記入欄があります。
  • 使う画像には代替えテキスト(ALT)を必ず入れる
    面倒でもメディアにアップロードした際、代替えテキストに画像を説明する一文を入れること。検索エンジンが理解し、画像切れの時にもユーザーに役立ちます。
  • 記事にはHタグの見出しを入れて書く
    見出しを入れた構造で書くことで記事内の重要な箇所をユーザーが拾い読みやほしい箇所を選び取りやすくなりますし、Googleは見出しを重要視してデーターを集めます。

 

【コンテンツ】固定ページ、投稿ページは適切に使い分ける

ワードプレスの固定ページ・投稿ページを使い分けるワードプレスでは「固定ページ(page)」「投稿ページ(post)」の2種類のページがあります。適切に使い分けることで、集客に効果的なページを作ることができます。

投稿ページ(post)はブログ記事に使う

ブログに相当するのが投稿ページで作られた記事です。日付順に一覧に積み上がり、グループ分け機能の「カテゴリー」を選ぶことができます。

SEO対策をする集客コンテンツは投稿ページを使います。

固定ページ(page)はブログ以外のビジネス関連ページに使う

固定ページはビジネスに関するページに使います。つまりプロフィール、サービス案内、お問い合わせ、アクセス情報、スケジュール、ランディングページなどです。

これらには日付を表示させる必要はなく、時系列にノウハウ記事の中に並べるものでもありません。

 

【コンテンツ】カテゴリーを適切に設定する

カテゴリーは記事をグループに分類する機能です。カテゴリー一覧(そのカテゴリーに所属する記事の一覧)はSEO効果もありますから、しっかりした設計が必要です。

お客さまの関心ごとや知りたいことベースに、カテゴリーの全体像を先に決めているか?見直してください。
ユーザーが学びたい、知りたいと思われることをベースにカテゴリーを作ることで、ユーザーは自分に必要なコンテンツを選び取りやすくなります。

そして専門的に特化したカテゴリーに絞ることで、SEO的にも評価を受けやすくなります。
(つまりエッセイや関係ない話題の記事は入れない)。

カテゴリーの数は多すぎNG!10個前後にしよう

カテゴリーを思いついた時に増やしていくと、似た内容が重複し、数が増えすぎてユーザーにとってもSEOにとってもマイナスです。

カテゴリー数は「10個前後」に集約できるように工夫してください。
なぜなら、米心理学者でハーバード大学教授のジョージ・ミラー氏の提唱する「マジカル・ナンバーセブン」では、「人間の情報を記憶できるキャパは1度に7つ前後である」とされているからです。

つまり人間は一度に認識でできる数はそう多くない。たくさん並んでいるほど、自分に必要なものを選び取りにくくなるということです。

カテゴリーのスラッグ(URL)を英数半角にする

カテゴリーのスラッグは日本語になっていないでしょうか?英数半角にしましょう。

SNSのシェア時に正しいリンクとして表示されなかったり、ツールによってはエラーになる場合があるため、日本語はURLに使わないようにしましょう。

OK例:
https://kaori-creative.com/category/wordpress-lecture

NG例:
https://kaori-creative.com/category/ワードプレスの使い方講座

カテゴリーのスラッグを英語にする、変更するのは 管理画面の「投稿 > カテゴリー」のページを開くとカテゴリー編集ができます。

 

【コンテンツ】ソーシャルメディアで映える見せ方の設定をする

ワードプレスの固定ページ・投稿ページを使い分けるソーシャルメディアで自分のブログ記事をシェアする時、サムネイル画像が大きく出るカード型の表示にする設定「OGP(オージーピー)設定」は、タイムラインでユーザーに「映える」投稿にするためには必須です。

ソーシャルメディアでの見栄えはきちんと配慮しておくことで、集客しやすい投稿が可能になります。

これが未設定だと画像が小さくなったり、下手をすると画像もない文字リンクだけになり、目に止まりにくいものになってしまいがちです。

参考にしたいOGP設定の方法:SNSでシェアされやすい投稿設定

オススメしたテーマでは、この設定をプラグインなしで行うことができます。

 

まとめ

いかがでしたか?
集客できるワードプレスにするために最も大切なことは、想定するユーザーに意識を向け、それに合わせて適切な設定にすること。そしてもう一つはGoogleが認識しやすいような設定をすること。

大きくはこの2つです。その具体的な方法がこの11個の項目なんですね。

最後にもう一度、集客ワードプレスに必須の11個のリストを確認しましょう。

  1. 【設計】サイトのコンセプトを明確にする
  2. 【設計】ワードプレスの目的の設定、セールスの流れをつくる
  3. 【準備】集客に適したサーバーを選ぶ
  4. 【準備】集客に適したテーマを選ぶ
  5. 【設定】SSL化で安全と信頼性UP
  6. 【設定】集客向けプラグインを厳選して入れる
  7. 【設定】集客動線をワードプレスに設置する
  8. 【コンテンツ】集客に必須!SEO対策をする
  9. 【コンテンツ】固定、投稿ページを適切に使い分ける
  10. 【コンテンツ】ユーザーに合わせたカテゴリー設計をする
  11. 【コンテンツ】ソーシャルメディアで見栄えする設定をする

手を入れられるところはありそうですか?まずは着手できる所から取り組んでみてくださいね。

あなたのワードプレス集客の改善の一助になれば幸いです。

必要とされる集客ブログを作るメール講座
ワードプレスを作っただけで精一杯…そんな女性起業家の方へ。
あなたを必要とする人へ届ける集客ブログづくりのメールレッスンを配信。ワードプレスの講座のお知らせも。



ワードプレス集客で抑えて起きたい11のリスト 1

ワードプレスで集客したいのでその方法が知りたい。 集客できるワードプレスを作りたい。失敗しないコツを知りたい。 でも情報が多すぎでググっても ...

2

ワードプレスにどんなプラグインを入れたらいいか、迷いますよね。 ブロ子始めたばかりの初心者なんですが、ワードプレスにどんなプラグインをいれた ...

-集客ワードプレスの作り方

© 2020 KAORI CREATIVE