KAORI CREATIVE

惹き寄せるビジネスワードプレスの作り方

著作権フリーを学ぶ

著作権フリー画像の正しい探し方-違法にならないためのライセンス知識

投稿日:2016-07-03 更新日:


著作権フリーの画像をお探しですか?ここでは商用無料で使える「正しい」画像の探し方と、そのときに必要なライセンスの知識を合わせてお伝えします。

ブログに使ってる画像、大丈夫?画像検索で知らぬ間に犯す著作権法

ブロ子
え?だから著作権フリーの画像がほしいんだってば。

なぜライセンスの知識がいるのかというと、ブログで使える「正しいライセンス」をねらってピンポイントで探すことは、違法性のない画像を見つける早道だからなんです。

実際に「著作権フリー」ということばを「お金を払わずに使える素材」とカン違いしている人が多く、そのつもりでGoogle画像検索して見つけた画像をブログに使うと違法になる可能性があるんです。

違法性のある画像の使い方をしているブログはクレームをうける可能性がありますし、そもそもあなたのビジネスリテラシーが問われます。

実際にマーケティング会社のサイトや弁護士さんのサイトでも「著作権フリー」という表現を堂々と使っていてがっかりさせられることもあります。個人起業家のアメブロはいわずもがなです。。

この記事を読めばきちんとライセンスを認識したうえで安心して画像選びができるうえ、きちんとした印象を読み手に与えるブログづくりができるようになります。

「著作権フリー」で画像検索をしてはいけない理由

よく「商用無料!著作権フリー画像サイト」と紹介しているブログがたくさんありますが、無料で使える=著作権フリーとは限らないのです。

自由に使っていい=使用権がフリーのこと。
著作権フリー=著作権を放棄したもの。

使用権フリーと著作権フリーとは意味がまったく違うんです。
著作権フリー=著作権放棄の作品を配布しているサイトはそうありません。これを多くの人が、使用権フリーのことだとカン違いしています。

使用権フリーの画像でも、記載がない限り著作権は残っています。著作権はフリーではありません。

copyright

かおり
著作権とは
「自らの思想・感情を創作的に表現した著作物を独占的に利用することができる」法的で財産的な権利のこと。
つまり自分の作ったものは独占して使えるし、他人には勝手に使わせない権利です。

ポイントは、「他人に勝手に使わせない」だけではなく、「条件つきで多くの人に使ってもらって役立てよう」と他人に使用を許可する権利もあるということなんです。

「一定の条件下で自由に使ってよい」という素材のライセンスは:

使用権フリーです。しかし著作権フリーという表記がない限り、著作権は放棄されていません。したがって著作権フリーではありません。
分かりますでしょうか?

「著作権フリー」の言葉で画像を探すことは止めよう!

ブロ子
なに、著作権フリーの画像を検索しちゃダメなの?

「(著作権)フリー」のことばで画像素材をさがすと、有料の「ロイヤルティフリー画像」や違法ダウンロードサイトの画像が混じっているの。
それを使えば無断使用=著作権侵害になってしまうのよ。
かおり
ブロ子
はあ。
使う側は知らないうちに著作権侵害していてトラブルに巻き込まれる危険性もゼロじゃない。
作った側からすれば、手間かけて作ったものを意図しない形で勝手に使われるのは面白くないよね。
かおり

ブロ子
まあね。

それに無断使用の画像をブログに平気で使っている姿は、本人が気づいていないだけで自身のブランドイメージは下がる。
残念だけど、ブログでそういう使い方を平気でやっている個人起業家は結構いるのよね。(特にアメブロ)
かおり

「知らなかった」は通用しない判例も出ているので注意です。
知らなかったでは済まされない?画像著作権違反で損害賠償を請求された例

違法行為につながりやすい、まちがった解釈をふくんだ「著作権 フリー」の画像検索の仕方はやめましょう。

著作権フリーではなく「パブリック・ドメイン」「クリエイティブ・コモンズ・ゼロ(CC0)」で画像をさがそう

ブロ子
じゃどうすれば無料画像を手に入れられるの?

本当に著作権がない「著作権フリー」の画像を探すためにはこの言葉でさがすといいよ!
かおり

1. パブリックドメイン

cr_publicdomainパブリック・ドメインとは著作物に著作権(知的財産権)がなく、だれにもその財産権が帰属せず、社会全体で共有されている状態。著作権保護期間が終了した著作物や、死後50年(日本の場合)で権利が消滅したものなど。

2. クリエイティブ・コモンズ・ゼロ(CC0)

CC0クリエイティブ・コモンズ ・ゼロ(以下CC0)は、パブリックドメインと同じく著作権がない状態。
パブリックドメインが保護期間が終了など自然発生的なものに対して、CC0は著作者が自ら能動的に権利を放棄したものです。

creativecommons-logo

クリエイティブ・コモンズとは、国際的非営利組織とそのプロジェクトの総称。著作権を尊重しつつ、著作物をより広くカンタンに利用するための新しい形を提唱する活動です。

自分の選択したライセンスのページ(コモンズ証)へリンクすることで、使用者が見てすぐ利用条件が一目でわかるようにしているルールで、著作権のないクリエイティブ・コモンズ・ゼロ(CC0)とは、その中のライセンスの一つです。

CCライセンスとはインターネット時代のための新しい著作権ルールで、作品を公開する作者が「この条件を守れば私の作品を自由に使って構いません。」という意思表示をするためのツールです。

CCライセンスを利用することで、作者は著作権を保持したまま作品を自由に流通させることができ、受け手はライセンス条件の範囲内で再配布やリミックスなどをすることができます。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは
クリエイティブ・コモンズCC0 の説明書=コモンズ証

 

CC0は写真素材にメタデーターを埋めるルールがあるようなので、検索できるんですね。

ブロ子
な〜んだ、結局は画像検索していいんじゃん!
いやいや。ライセンスを理解しなくて勝手にダウンロードするのと、ちゃんとライセンスを知って画像を探すのとはぜんぜん違うでしょ〜
かおり

(著作権フリー)クリエイティブ・コモンズ・ゼロの画像の探し方

Google画像検索にはライセンスごとにソートする機能がありますので、これまでで正しい著作権無しのライセンスを学んだら、それを実行してみましょう!

1. Google画像検索でキーワード入力。

https://www.google.co.jp/imghp
google-image

2. メニューの「検索ツール」>「ライセンス」をクリック。

検索結果がでますが、ここでダウンロードしないように!

is-result

3. ライセンスの中の選択肢を見ます。

is-license

  • ライセンスでフィルタリングしない
  • 改変後の再使用が許可された画像
  • 再使用が許可された画像
  • 改変後の非営利目的での再使用が許可された画像
  • 非営利目的での再使用が許可された画像

とあります(2016年7月現在)。

個人起業家さんのブログなら「営利」としておきましょう。

・改変後の再使用が許可された画像
・再使用が許可された画像

のどちらかを選びます。
私は切り抜いたり編集することがあるので「改変後」とします。

Google:自由に利用できる画像の検索

4. 選択した画像が掲載しているウェブサイトの規約を確認

とたんに作品の雰囲気が変わりましたね。パブリックドメインやCC0は大体こんな感じです。ここでそのままダウンロードしたいところを抑え選んだ画像の掲載先の規約を確認します。

is-filtered-result

英語で入力すると結果はちがいます(この場合、businessman)。 日本的である必要がない場合、私はだいたい英語で探します。 そのほうが絶対的に分母が多いので、より広くえらべますよ!

選んだ画像をクリックすると、掲載先のウェブサイトのURLがあります(赤枠)。

is-filtered-result-select
「pixabay.com」はクリエイティブ・コモンズ・ゼロの画像の配布サイトです。実際に見て利用規約を確かめましょう。拡大された写真か、タイトルをクリック。

上画像の青い枠で囲われた「関連画像」は、基本的に選ばないように。 フィルタリングしたライセンスとは関係ないものが入っている可能性があるからです。

6. ライセンス情報を確認

ページを見ると、直ぐ側にライセンス情報があります。

is-choised-image
pixabay-policy
CC0とパブリックドメインが併記されていますね。「帰属表示が必要ない」とは、著作者のクレジットは不要ということです。これでそのまま画像を使えることがわかりました。

こうやって例えば見つけたサイトの規約が合えば、次回からこのサイトで探すこともできますね。

Pixabayの規約によると、Pixabayにアップロードすることでその素材はCC0のライセンスがつくルールで写真がアップされていますので、このサイトはCC0の素材として使えるものです。

Pixabay サービス規約一部抜粋

まとめ

ブロ子
なんだか疲れた。

ふつうにブログのイメージ画像をさがすくらいなら大丈夫ね。CC0でも注意すべきことはあるんだけど、それは別の記事で話すね。
かおり

ブロ子
はーい!堂々と使える画像でページをステキにして集客に活かしまーす!

正しい「著作権フリー」画像の探し方、分かりましたでしょうか?
上記で紹介したpixaby.comのようにCCO(クリエティブコモンズ)ライセンスがある素材を集めたサイトをブックマークするのが早いですが、どうしてもそこにはない違う素材を探したい場合は、今回紹介した画像検索方が役立ちます。

ぜひ、画像素材をしっかり選び、ビジネスリテラシーを感じさせるブログにしてください。今はオリジナル画像に価値がありますので、こういった素材にひと手間を加えることも、ブログ力をあげる方法ですよ。

「著作権はあるが使用料フリー」の画像サイトのご紹介は次回に。

 

必要とされる集客ブログを作るメール講座
ワードプレスを作っただけで精一杯…そんな女性起業家の方へ。
あなたを必要とする人へ届ける集客ブログづくりのメールレッスンを配信。ワードプレスの講座のお知らせも。



-デザイン・イラスト
-

Copyright© KAORI CREATIVE , 2019 All Rights Reserved.