竹花 香 プロフィール

KAORI CREATIVE 代表 竹花 香

KAORI CREATIVE(カオリ クリエイティブ)にご訪問くださりありがとうございます。

現在、企業のプロモーションサイト運営・更新、そしてスモールビジネスオーナーの方には集客ワードプレスのプロデュース、デザイン リニューアル、集客ワードプレス構築コンサルティング・指導を行っております。

これまで数10億円規模の売上げの上場企業のプロモーションサイトから個人事業主の集客サイトまで、設計やデザインを行ってきました。

私がどんな事ができるのか、一つ知っていただくとするなら…
「想いを形にする」事が得意だということです。

こんがらがった散らかった情報を優先順位をつけ整然と整理する

ごちゃごちゃ、ぼんやりしている状態から、情報を整理整頓し優先順位をつけ、エッセンスを抽出し、適切な表現に落とし込み、ユーザーを誘導させる動線を適切に設置する。

「たくさんのサイトを広く浅く」よりも、1つのサイトに向き合いじっくり掘り下げ、改善し続けながら深く長く付き合うことに長けており、そのあたりは他のWEBディレクターや製作者より強いと思います。

215文字で検索の1位をとったり、著名なブロガーさんの記事が数年間1位を占めていたキーワードで1位をとることができるなどして、本当に集客がしやすくなりました。

そんな私ですが、起業活動を始めたのは40歳を半ば過ぎたころ。20代、30代の起業が普通の今、遅いスタートでした。

技術的なスキルと自分ビジネスとの一致点を見つけられず、しかも会社員時代は自分自身を前に出すことが抵抗があって「なるべく目立たないようにしていたい」。そんな一方で「自分はこんなはずじゃないのに」という自己矛盾を抱えた暗い人間でした笑。

↑こんな顔写真をネットに出すなんて、過去の自分からは考えられないことです。

  • 神奈川県川崎生まれ、川崎と横浜育ち。武蔵野美術大学卒業。剣道初段。
  • KAORI CREATIVE代表
  • Webプロデューサー、ディレクター、デザイナー
  • イラストレーター
  • allWebクリエイター塾 イラストレーション講座 1日講師
  • 翔泳社「Pinterestビジネス講座」 Pinterest –Guide ブロガー共著
  • GMOペパボ主催 漫画家「日本橋ヨヲコ」ブログデザインコンテストフィーチャーフォン部門優勝

長い間、会社員Webディレクター・デザイナーだった自分

こども時代は呼吸と同じ感覚で絵を描いていた流れで美大へ進みますが、「絵は食べてゆけない」と考え専攻はデザイン関係に進み、洋服生地の商社に就職。

シーズンごとのトレンド企画に参加し、プレゼンテーションマップを作ったり展示会をオーガナイズするなどし、「テーマやイメージを視覚化させる」ベースのスキルを身につけました。

WEB業界初の担当した案件ではページビュー、回答者数を数倍に

その後、デザインの仕事をしたくてウェブ業界へ転職。

一部上場企業を親に持つ広告制作会社に入り、WEB業界で初めて担当したのは、オンライン調査会社のアンケート回答ページのデザイン。

アンケート内容に合わせて惹きつけるビジュアルとデザインを次々に起こしてゆき、従来のページビュー数やアンケート回答者数を2倍以上に増加させますそれが評価されお給料をかなり上げていただきました。

デザインしたものが不特定多数の人に向けて公開されること。すぐに反応がわかること。これが何よりも楽しかったのです。

初めて作ったサイトは外国人むけの東京・横浜の観光情報サイト

Tokyo Yokohama Information by Paperlantern

ワードプレスが今ほど普及していない時代に手打ちでHTMLを書き(!!)、自分でイラストを作り、取材をし、Googleマップもない時代に(!!)渋谷や浅草など英語版の地図を作成した情報サイトを立ち上げました。

10年間ほど運営した中で、一部をパクられたりして、小規模サイトながら界隈でちょっと影響を与えるサイトになりました。(アフィリエイト月数万円くらい収益がありました)

これが情報メディア作りの原点の一つになりました。

このままでいいのか?葛藤中に会社が解散!
40歳すぎのコネなしフリーランスは仕事なし

自分の力がハッキできていない葛藤

自分に力がつくにつれ、何か焦燥感のような感覚を持ち始めます。

「こんなことをしていていいんだろうか」
「何か自分はやれることがあるはずなんだ。こんなはずじゃない。」
「もっと自分の力を試したい。スキルを伸ばしたい」

そんな思いが強くなるものの典型的な職人。コネなし、営業スキルなし。

会社の顧客は大企業。制作をわざわざ個人に依頼はしない。辞めた後の姿が描けず、現状を我慢しつづけていたある時、会社がついに発表しました。

「組織を解散します」

それは倒産の数歩手前の状態。資金があるうちに会社を手仕舞うということです。

社員救済措置として希望者には他グループ会社への入社の道が示されました。周囲の同僚はすべてそちらへ行きましたが私は断りました。

ここで自分に向き合わなければ後回しにするだけだと。

幸い退職金をしっかり提供いただいたので、それを当面の生活費に充て見つめ直すことにしました。

40歳すぎてコネもアテもなく、晴れて社会に放り出されたのでした。

フリーランス活動を試みるが、、、、

放り出され自分と向き合う

「私はどうしたいのだろう?」

答えを探りながら、小さい案件を請けながら生活を回していました。(その間、ホリエモンさんのサイト立ち上げも関わりました)

10件以上の制作会社にポートフォリオを送ってみました。しかしナシのつぶて。数件レスがあったもののシゴトには繋がらず。

「チカラはあるのに個人になるとこうも届かなくなるのか」。

そもそも社員以外やったことがなく、営業とは全く反対側にいる制作技術者が売り込みなどムリなんだ。そう自分を納得させていました。

しかし仕事がある他のフリーランスの人たちが飛び抜けて優秀にも見えず(!)、この違いが何か疑問でした。

自分の力で稼ぎたいけど具体的にそれが何か分からない。それは「今までのような請負いで制作すること」ではないことだけは分かっていました。

ただ忙しいだけの仕事は面白くない。もっと積み上げて仕掛けるものがいい。そう思っていたのです。

起業塾でスモールビジネスを始める方法、「知ってもらう」方法を知る

起業塾に参加

「自分自身を見つめ続けても、答えは出ない」

そう気づいた私は、情報を探していた時にたまたま出会った起業塾に入ります。そこでFacebook集客と起業活動の一連の基本を教わりました。

始めは自分の考えを記事にすることやFacebookで顔出しに抵抗がありました。しかし塾の中で流れに従って行うことで自然とできるようになっていきました。

「なるほど、こうやって自分を認知させていくのか!」

広告や表現の制作だけをやってきた自分にとって新鮮な方法でした。

環境による強制力は大きく、自分一人ではここまで行動を起こせなかったでしょう。また、友達とは違う新たな仲間ができたこと。これも心強さと行動力につながりました。

こうして私はスモールビジネスオーナーとしての第一歩を踏み出したのです。

その後、気づきます。

私に声がかからなかったのは情報発信がまったくない、私という人間を他人が知る手立てが無かったから、信頼して依頼することがムリだったのです。

『黙って隠れていては、存在しないことと同義語である』
これを実感したのも、起業の学びを得たあとでした。

時間とエネルギーを消耗するソーシャルメディア集客依存の限界

SNS疲れ

しかし起業活動はスグ限界にぶつかります。

消えては流れていくFacebookという場で、目を引く工夫やコメントやいいねをし回る日々。多くの時間をかける割には納得した規模の見返りはありません。

SNSに時間を割けばブログは置き去りになり、メルマガも同様です。優先すべきことが頭の中で混乱。感覚的なノリと勢いで行う集客手法に疑問を感じて仕方がありませんでした。

会社員時代と変わらず時間の自由もなく、納得いかない思いがブロックとなり集客活動にも力が入りません。

私のように「パッと見てその良さを把握しにくいスキル」SNSでパフォーマンスしても本質的な価値は伝わりにくい。

そう感じた私は、自分を伝えるコンテンツをしっかり作る必要性を強く感じました。営業が苦手な自分なら、なおさらでした。

「このサイトを見たらその人の価値観やできることが伝わるような、自分の情報の土台作りをしっかりしなければ、惨めな時間貧乏起業家になってしまう」

自分の力を落とし込める起業活動はこれではないと判断。その集客方法を手放し、起業活動を一旦おさえることにしました。

幸いお声がけをいただいたご縁で、とある企業のコンテンツ設計・作成に注力することになります。

WEBを仕事にしていた私さえ、伝えるコンテンツ作りにはSEOの理解を避けて通れなかった

そこの企業さまの案件では、成約率を高めるランディングページ設計、広告バナー、情報メディアの立ち上げなど、様々なことをやらせていただきながら、個人の起業家さまからの依頼も水面下で請けていました。

しかしだんだん時間的に限界となり、案件を思うように進められなくなります。

その頃の私は他人さまのサイト改善ばかりしていて、足元の自分のサイトや商品には手をつけられていない状態でした。

書いた記事はSNSのシェアで一時的に伸びるものの安定したアクセスにはならず、気づけば自分の足固めであるメディア作りは何一つ進んでいなかったのです。

合間に自分なりにワードプレスのメディア作りの書籍やコンサルアドバイスを受けて勉強は進めてはいましたが

「感覚の良さと無料情報だけでは、メディア集客をこれ以上成長させられない」

いろいろと手詰まった私は腹をくくりました。

意を決して国内の個人でトップクラスのページビューを叩き出した資産ブログ構築専門家のところでWワークの合間を縫ってSEOの本質を学び直したのです。

200文字の記事で1位、強調スニペットの座の獲得、生徒さんが集客実績を出す

学びを深めた結果、メディア構築の本質とはテクニカルな小難しい話ではありませんでした。

「価値を提供する」というとてもシンプルなものだったのです。

競合を分析し想定する読み手の顔を浮かべながら、必要としていることが何か掘り下げながら取り組むようになり、それまでいかに自分が感覚の良さに任せて独りよがりの情報を出していたかを実感します。

そしてその学びを担当企業のサイトに反映させてみたところ、たった215文字の文章で1位を取る記事を作ることができ落ちかけていたサービスサイトを浮上させることができたのです。

215文字で検索1位のキーワード

215文字で検索1位を取得した記事。

また自分の過去記事をリライトしたところ、1位のみならず、強調スニペットという検索結果1位の上にある特別枠の座を獲得することができました。

強調スニペット、1位

※現在、Googleでは強調スニペットの記事は検索上位に重複して掲載されない仕様になっています。

「これはSNS集客をやってる個人起業家の人たちにも必要なものだ」

感触をつかんだ私は、内容をかみ砕いたSEO講座を実施してみました。

するとある生徒さんの集客力が爆増。広告もいっさい使わず検索エンジン経由で月平均80件の見込み客獲得ができるようになったのです。

他に依頼された起業家さんのワードプレスのリニューアル案件では、デザイン面、情報整理とサービス訴求の表現が大変好評で、メルマガ登録者数は24倍増。メルマガ登録率は約14倍以上に増加。

その頃、起業家の間で無料ブログからワードプレスに移行する人たちが増え、もう私は必要ないのではと思っていました。しかし周囲の起業家たちの多くは未だにワードプレスでつまづいていたのです。

「教えて欲しい」
「どうすればいいの」

そういうという声を何度となく耳にしてようやく実感します。

「自分がやるべきことは、私ができることを持って、必要とされているところに価値を提供することだ」

自分の当たり前は他人にとってはそうでない。
ワードプレスの集客メディア作りは必要とされている内容なんだ、と。

自分自身のスキルを高めることは大事だけれど
ビジネスもメディアも、結局は「どれだけ価値を提供できるか」であるのだと。

分かった。そこに意識を向けよう。
価値を届けるメディアサイトの実現に、私自身のすべてをつぎ込もう。

様々なことが自分の中で一つにまとまり、起業活動をリスタートしたのです。

埋もれて見えない価値をカタチに表現する。
大人女性起業家たちの人生とビジネスを輝かせる伴奏者になる

自分の価値、届け!

自分の表現するチカラ、メディアを通じての起業活動。これらがようやく一致しました。

まだまだ強化中ですが、メディアが自分の価値を届けてくれるようになり、自分のサイトをよく読んでメルマガにきてくださる方、検索で見つけてサイト制作を依頼してくださる方など、思いも寄らない方々と出会うことができています。

自分を必要としている人はいるはずなのにうまく出会えていないと感じる方。
ビジネスをもっと拡大してゆきたい方。
お客様に喜んでもらえる自分になりたい方。

SNS集客依存に不安を感じる感性をお持ちの方。
自己ブランドをしっかり立てたい方。

そんな大人女性起業家のビジネスの魅力が伝わり、ご自身が輝くためのお手伝いをしたい。

「こんなもんじゃない。もっとできる!」

そんな女性起業家の方は歓迎です。
価値を表現し伝えるプロとして伴奏します。

私のデザイナーでありクリエイティブディレクターとしての想いです。

あなたを待つ人へ届けるメディアの構築に、共に取り組む機会があれば幸いです。

* * *

ワードプレスの仕組みを構築するアカデミーや講座は一般募集をしておりません。情報が欲しい方はメルマガにご登録すればお知らせをお届けいたします。

 

KAORI CREATIVEのサービス

  • ワードプレスの仕組み構築アカデミー
    ・サイトのコンセプト設計
    ・セールスライティング講座
    ・SEOライティング講座
    ・動線設計
  • ワードプレス デビューパック
  • 集客ワードプレス プロデュース :リニューアル、新規
  • 個別マンツーマンコンサルティング 6ヶ月、3ヶ月コース
  • 卒業生向けアドバンスクラス 特別会員
  • デザイン、ビジュアル、販促ツールの作成・コンサルティング

※一部は準備中

2020-05-14

Copyright© KAORI CREATIVE , 2020 All Rights Reserved.