copyright flog

WEB クリエイティブ・デザイン

起業家必見!ブログに使ってる画像、大丈夫?知らぬ間に犯す著作権法

投稿日:2016-06-30 更新日:

職業柄、起業家さんのブログを拝見していると載せている画像に目がいくのですが、「その画像どこから持って来たんだ?」と思わせるあやしい使い方を時々目にします。

おそらく「フリー」の意味を理解せず、
画像使用のライセンスや著作権の存在を知らずに

勝手に持ってきて使っているんだろうなあと推測するのです。

Google画像検索で出てきた画像を使っちゃダメなの?

無料画像のつもりのGoogle検索は注意
そのフリーのキーワードが
「無料で使える」意味ではなく、
有料で販売されている
「ロイヤリティフリー」の画像の意味

検索結果に出てくる場合もあります。

そうすると有料で販売されている
写真/イラスト素材を無断使用することになるのです。

Googleの画像検索で「フリー画像」等と入力して
出て来た検索結果だけを見て、
画像を選ぶ方法は
やらないようにしましょう。

かならず画像が掲載されているサイトを見て、
無料で使用が可能か、利用ライセンス(規約)を確認する

Google画像検索で無料の素材を探す場合は、
そこまでが正しく、安全なやり方です。

 

Google画像検索結果だけで選ぶのが危険な理由

「フリー 働く女性」で画像検索してみました。
たとえば良さげな写真を選びます。

amana1

この写真をダウンロードするのは待って!
この写真が掲載されているウェブサイトを確認してみます。

amana2

掲載元は「amanaimages.com」とあります。
クリックして見てみますと:

amana3

画像も有料販売されている素材であることがわかります。
アマナイメージズとは有料素材を販売しているサイトです。

なのでこの画像を検索結果から
とって来て使うことは
無断使用になってしまいます。

アマナイメージズは、
2015年に
「フリーサイトから見つけた画像が実は有料画像だった」で
訴訟になり、無断使用者が敗訴した例があるのです。

 

利用規約を確認しよう

 

Googleの画像検索結果から探して
ブログに使うやり方は、
基本的にやるべきではないですよね。

それよりもメジャーな
無料/有料素材サイトをいくつか抑えておき、

そこから選ぶ方が安全です。

無料にせよ有料にせよ、

ダウンロードする前には
その画像を扱っているウェブサイトの
「利用規約」= 使用ライセンスを
必ず確認するようにしてください。

「使用範囲」「禁止事項」も掲載されていればチェックを。

これをクセづけるようにすれば、
「知らないで使っちゃった」や

「知らないで違法行為」も減るはずです。

利用規約は、素材を提供する側の「意志」です。

手間ひまをかけて作った素材の著作者を尊重する意味でも
「利用規約」に沿った使用をするようにしてください。

よく分らないようなら
止めておいたほうが安全ですね。

著作権に無頓着かどうかは、
見る人がみたら分ります。

大切なのは、びくびくして
表現を限定させてしまうことではなく、

著者の「ぜひ使って欲しい」という
思いによる素材は存在しますので、

使う側は著作権に対する
考えをしっかり身につけた上で、

写真画像などの素材をご自身のビジネスに
上手に活用していただきたいのです。
著作権やライセンスに関する記事はいくつか書く予定です。

また、無料ですぐれた素材を配布している
サイトも近くご紹介しますね。

 

関連リンク
絶対抑えておくべきGoogle画像検索と著作権フリーライセンス
アマナの画像の著作権侵害で損害賠償を請求された実例
【2016年下期保存版】商用無料!写真素材サイト10選

 

-WEB, クリエイティブ・デザイン
-, , , , ,

Copyright© KAORI CREATIVE , 2018 All Rights Reserved.