投稿先:

アメブロをビジネスブログとして使い続けるリスク

ノイズだらけの画面はお客さまにもSEO的にもNG状態

LINEで送る
Pocket

【注:辛口めの記事です】アメブロをいまだにビジネスブログとして使っているかた多いですね。
サイバーエージェントも居続けてもらうための工夫をしてますから。

初めに書きますが、
本気ビジネスに無料ブログは向きません。
あなたのビジネスに最適化させたシクミが作りづらいからです。

アメブロで稼ぐことは可能です。しかし
SEO的に制限もあり、
各ページへの「回遊性」は悪く、
ムダな情報が多すぎて
あなたのメッセージに到達しにくい。

あなたのコンテンツよりも広告が目立ってる姿が、
あなたのビジネスのブランド価値を
低めているように思えてなりません。

 

ビジネスと無関係な情報に埋め尽くされたアメブロ記事

あなたがせっせと書く記事は広告事業のため。

これ、あるかたのビジネスブログ。

アメブロの悲惨な広告表示

エビちゃんを使った動画入り広告が画面いっぱい。
あなたのコンテンツよりも目を奪われます。
キリンがお金を払って目立つこの枠を買いました。

おそらくこれは期間限定の特別広告ですが、そうでなくても一番目立ついい場所にはバナー広告が一杯ですね。

私が見た範囲ではその広告は「興味関心連動型広告」のようです。
あなたのブログを見てる人のネット閲覧履歴によっては、下手をすると競合の広告が表示されることもありえます。

無料でブログシステムを使わせて上げる代わりに、広告事業のための人集めをあなたにやってもらっているのです。

 

そしてあなたがせっせとログインし記事を書くのは広告のためだけではない。
他事業への支援もしています。

アメブロのヘッダーに必ず表示されるピグへのリンク

自分のブログ ページ上部に必ず表示されるピグへのリンク

仮想空間のアバターで人に出会ったりするサービス。

不倫やナンパの温床とも言われているようですが、こういうリンクがあなたのコンテンツの上に常に表示されている。

これって、あなたの本意ですか?

 

アメブロはSEO対策は限定的

アメブロの特長にコミュニティ機能があります。
ペタとか、読者登録とか、コメント、いいね、
ソーシャルシェアボタン、最近はハッシュタグとか。

しかしWEBに置いてあるってことは

アメブロ読者でない、あなたを知らない人が
記事タイトルや記事内にあるキーワードを検索して
飛び込んでくることを想定しないといけません。

検索結果上位をねらって
こういう人にたくさん見てもらうための
工夫をSEOと言います。

ブログを書く以上、
SEOは常に意識しないといけません。

とはいえ、
アメブロで上位に
行くためには範囲が限られています。

なぜかというと、あなたのブログURLは
アメブロのドメイン下に置いてあるから。

[関連記事]  意外と気づかないスマホでのFacebookカバーの画像切れ

アメブロ ドメインの構成

ameblo.jpは、すでにパワーのあるドメインです。

何かを検索したとき、パワーがあると
ameblo.jpのコンテンツが上位に
表示されやすくなるということです。

あなたの記事にアクセスが集まるほど
ameblo.jpのドメインはさらに強くなる。

なら、あなたのアメブロは
その恩恵に預かれるか?というと、
一つの条件がある。

Googleで一つの検索結果に対し、
同じドメインから表示するページ数は
制限されていると言われます。

そのページ数は 4ぺージ検索結果によって変わりますが、
数ページ程度のようです。

※私が検証したときは5件でしたが、仕様は常に変わることと検索の仕方によっては変わるようですので、ページ数の断定はできなさそうです。

一度の検索でアメブロが何度表示されるかちょっと実験してみた

アメブロの中にあなたと似たお仕事をする人が
たくさんいて似たキーワードを書いていたら…?

ameblo.jp下にある膨大な数のページの中で、
あなたがその中で選ばれるように
工夫をしないといけません。

だから、アメブロで
広告を非表示にできる
アメブロ プレミアムも、
上記に関しては同じ。

お金を出して他人の場所に間借りをしているなら、
そのお金をサーバーと独自ドメイン代に回すほうが、
ずっとずっと投資の価値がある。

独自ドメインとはネットの住所。
自分のドメインで自分の陣地を作りましょう。

【初心者限定】3分で分るドメイン講座

独自ドメインとは

 

正しい数字を追えない ー水増しのアクセス解析

ameblo-analytics

ときどき、Facebook上で
「アクセスがこんなに伸びました!」と
アメブロのアクセス解析画面の画像を
見せている人がいますが。。。

あの数字は
まったく正確ではありません。

アメブロユーザーのモチベーションを上げるために
人間以外のアクセスも全部カウントされます。

ためしにあのアクセス解析を、
検索サービスの最大手「Google」が提供している
Googleアナリティクスに変えてみましょう。
(フリープラグインへ導入できます)

すると間違いなく半分くらいになるはずです。

ビジネスでブログを活用するためには
ただしい数字の把握をしたいですね。

アメブロのアクセス数はウソ?!Googleアナリティクスと9倍差に!

 

モバイルでネットを見る時代にモバイル画面をカスタマイズできない(しにくい)

mobile-last
今の時代、ネットで見るツールは スマホ>PCですが、
アメブロはいまだPCで見ることを前提としたつくりです。

豊富なデザインテンプレートはPC向けで、
モバイル版は一律同じテンプレ。
(※Ameba Owndは多少のカスタマイズ性があるようです)

デザインしたカバー画像、
ウェブサイトに見えるよう
擬似的ナビゲーションを設置する
「アメブロカスタマイズ」は
基本的にパソコン向け。

[関連記事]  【初心者講座】WordPressってカンタンって聞いたけど、実際にカンタンにできるもの?

時代の流れに沿っているとはいいにくいですね。

Facebook登場後、アメブロ全盛期は過ぎた

ameblo-facebook

コミュニティ機能はアメブロが生き延びた理由の一つにあるでしょう。
そして「アメブロ集客」が支持されるのもそこにあるはずです。

しかし、今はFacebookが出てきています。

アメブロの読者登録は1,000人まで。
Facebookの「友達」は5,000人まで。

拡散力、タグづけ、公開先限定機能など、
コミュニティ機能は圧倒的にFacebookが強い。

そしてつながった人とコミュニケーションが
とりやすいのでお客さまと関係を作りやすい。

今やアメブロはブログとして、コミュニティとして、
中途半端な姿になってしまいました。

そして問題は、
アメブロとFacebookを両方使っているということは、

似たタイプのソーシャルメディアを
2つ運営していることになるのです。

Facebook投稿で十分では?と思われる
お客さまへ伝える内容が薄い短いアメブロ記事が
よく見られるのは、このせいかもしれません。

おそらくどちらをどういうふうに使えばいいか
混乱されながら使っているようにも見えます。

お互いが似たようなメディアですので、
アメブロとFacebookの併用は
中途半端になりやすいかもしれません。

 

あなたの発信基地はあなたが主導権を持つべき

いつ削除されるか分らない。
記事より目立つ広告を常に表示する必要がある。
回遊性が悪くて妥協した方法でしか誘導できない。
ヘンなサービスへのリンク付き。
機能制限もろもろで、集客のシクミ化もできない。

そんな姿のビジネスブログで、いいんですか。

ソーシャルメディアは流れていくもの。
ブログはあなたの思考や価値観を見える形に積み上げて行くもの。
なのに公式のバックアップ機能もない(※他の無料ブログは有)。

それがあなたの
ビジネスの理想のシクミなんでしょうか。

 

* * *

そろそろ無料ブログを卒業して独自ドメインでのブログサイト運営を
はじめることを検討してみてはいかがでしょうか。

そのほうが、
あなたのビジネスの価値が、もっと発揮されるんですから。

 

WordPressにしてみたいけど、どうしていいか分らない方へ

見ながらできるWordPressカンタン設定ガイド

WordPressがいいとは聞くのだけど、

・無料ブログとどう違うの?
・そもそもワードプレスって何?
・なぜワードプレスがいいの?
・どうやって作るの?
・シゴト化とシクミ化させるには?
・ワードプレスは私でもできるの?
・無料ブログを続けていていいの?
・ホームページとブログを一つにしたい

どれかに一つでも当てはまるなら、このテキストに答えがみつかります。

見込み客を集める強力なブログツール『ワードプレス』を理解し、立ち上げるための基礎が学べる内容が、この一冊にまとまっています。

手に入れた方からは、
『こんなものが欲しかった』
『専門書では分らないけど、初心者用書籍には書いていないことがある』
といった声をいただいています。

あなたもぜひ入手してください。

WordPressが作れる無料テキストを手に入れる

 

※テキストをお届けの後は、
「集客ブログでファンを創る シェアコンテンツを学ぶ7日間講座」、
その後は「ブログをメディアにするヒント」を不定期でお送りいたします!

その他のおすすめ記事

LINEで送る
Pocket


この記事を書いた人

竹花 香
ファン創造WEBプロデューサー。大中規模企業のWEBサイト ディレクション、デザインで伝えたいことを具体な形にする役割を担う。
メッセージ、面白いアイディアなど「まだ形になっていない見えないもの」の、見える・伝わる表現を探し出すことに熱が入る。そこが自分の使命であり、プロとしてのスキルでもある。基本はウェブ周り。
【好きなもの】ネコ、犬、絵、クロッキー、五平餅、牛皮、メロン、ラ・コルベリーヌのクルミ入酵母パン「ノア」、 エンタメ、青森ねぶた、映画。