投稿先:

JimdoやWixなどのホームページ作成サービスとWordPressとの違いとは?

ウェブサイトの重要な要素は3つー 更新性、量、質の3つ!

Wix、Jimdo、WordPress
LINEで送る
Pocket

ホームページ作成サービスは、手軽に誰でもカンタンに美しいホームページがカンタンに出来てしまう優れもの。
ただし、更新頻度が性質的に高くないホームページは、アクセスは集まりにくいのです。

個人起業家がウェブ集客のための情報発信に必要なのは更新頻度、質と量。
そのためにブログが必要なのです。

 

ホームページ作成サービスのメリット

jimdo と wix

ホームページ作成サービスは、カンタンに美しいホームページが作れてしまう優れもの。

JimdoやWixは、カンタンさという点ではとても工夫がされています。

デザインは美しいテンプレートから選べますし、
ドラッグ&ドロップでレイアウトをある程度調整できる。

このJimdoやWixで作ったページに独自ドメイン(自分のオリジナルURL)を
割り当てることもできます(ただし有料プラン)。

wix-jimdo-design

レンタルサーバー業者やドメインを取得する業者を探す必要もありません。

サーバー(ホームページのデーターを置いておくコンピューター)を契約する必要もないですし、ドメイン(自分のオリジナルURL)を使いたい場合、合わせて購入することができます。

そのサービス内で完結できるようになっています。

Wixでは、アプリというさまざまな機能が豊富で、
ホームページに追加することができます。

Wix アプリコーナー
金額も毎月1,000円少しで運営ができます。
あなたがもし、

手っ取り早くウェブに
パンフレット代わりの情報を自分で作って置きたい

そう思っているなら、とても良いサービスだと思います。

ウェブ集客でホームページだけのデメリット – 更新頻度の低さ

退屈な猫「まだ?」

日本語でいう「ホームページ」は、
通常はこういった情報で構成されたもの。

  • 会社概要
  • サービス内容
  • 実績
  • アクセス
  • お知らせ
  • お問い合わせ

 上記の情報は、
基本的には更新性の低い情報です。

毎週1回、書き換えたり追加する事がありますか?
なかなかむずかしいですね。

 

  • 配るチラシにウェブサイトのアドレスを載せたい
  • 名刺にウェブサイトURLを載せたい

という、リアルからウェブへ繋げたい場合には、
それでも良いかもしれません。。。。

しかし
Googleはウェブサイトの更新頻度を重視し
フレッシュな情報を好みます。

変更や情報追加の頻度がそれほど無いため、
Googleもそれほど重要視してくれないのです。

 

ウェブ集客でホームページだけのデメリット – 露出量の少なさ

そしてウェブ上には膨大な情報があふれています。
年々その量は増えています。

山積みの本

日々、何か検索をしても、
ソーシャルメディアのニュースフィードを
眺めていても実感しますよね。

そんな中で、全部で数10ページ程度のウェブサイトを置いているだけでは、
圧倒的に露出量が足りません。

つまり、月に1回更新があるかないかといったウェブサイトを
置いても、気づかれる機会が非常に少ないのです。

ソーシャルメディアのプロフィールに書いたとしても、
あなたの投稿に興味を持った人のうち、
何人かの人がクリックをする位でしょう。

投稿に興味を持てなかったらプロフィールは見てもらえません。

ウェブで集客をしようと思ったとき、
ブログが使われるのは
コンテンツをカンタンに
更新・追加することができるからなのです。

それによって、
お客さまがその情報に接する頻度やチャンスが上がります。

もちろん、そのブログ記事は質が高いものである必要があります。
しかし大切な更新頻度や情報量は、検索結果に大きく影響します。

据え置き型のホームページはどうしてもアクセスが集まりにくく、
それだけではなかなか集客のシクミとして使うことはむずかしいのです。

なお、この記事で取り上げたWixとJimdoのうち、
情報のバックアップができるのはWixのみ。Jimdoは出来ません。
これも重要なポイントですね。

 

WordPressとホームページ作成サービスとの違い

WordPressはブログと一体型のホームページにできるのです。

ホームページのような固定的な情報は
ブログというカテゴリーや時系列で
まとめられる記事と分けて作成ができます。

ホームページだけでなくブログがなぜ必要かと言えば、

露出する量を作りやすい(記事を書く努力は必要)

そのサイトの更新性が上がる
 ↓
ウェブ上に情報を積み上げてゆけるのでアクセスが集まりやすい

アクセスが集まるとそのURL(ドメイン)が強くなり
検索でも上位に表示されやすくなる

という効果をねらえるのです。

投稿から固定ページを見に行く

ブログでは基本的に売り込みや宣伝は書きません。
お客さまの役立つ情報、読みたい情報を書きます。

ソーシャルメディアや検索からそのページに来た人が
記事に興味を持ち、記事を書いた人に興味を持ち、
その人がやっているサービスに興味を持つ。

そのときにプロフィールだったり
サービス内容だったり見に行くわけです。
このとき、動線は同じサイト上です。

機能拡張はWordPressの最大の特長です。
数多くの機能(プラグインと呼びます)を自分の目的に合わせて追加することができます。

ブログとホームページを分ける

「ホームページをJimdoで作り、ブログはアメブロ」
をチラホラ見ますが、あまり賢い方法ではないのです。

別々の所にサイトを作ると、ドメイン(URL)は変わりますし、
デザイン/レイアウトが変わります。

モバイルで見ることが多い時代、別のサイトに移動するって
かなり心理的に負担ありますし(めんどくさい)、
表示にちょっと時間もかかりますよね。
もちろん、外観のデザインは(WordPressの場合は「テーマ」と呼びます)、たくさんの高品質なものが出回っています。

立ち上げにはJimdoやWixよりも知識がある程度必要です。

その後のSEOや自分のビジネスに合わせられるカスタマイズ性は、WordPressのほうが強いでしょう。

ただしWordPressを「自分で立ち上げたい」場合は、
ある程度の知識を入れるための勉強が必要です。

 

まとめ

ウェブで集客をしようとする時は、
ブログがとても重要な役割を果たし、
ホームページ情報と合わせる事で効果的になります。

バラバラではなく、
一つのサイトであなたのビジネスの情報を発信していきましょう。

あなたの希望にそった機能拡張が可能な
WordPressは、管理方法ややり方を覚えれば、
個人起業家にとっては適切なツールだと思います。

 

 

WordPressにしてみたいけど、どうしていいか分らない方へ

見ながらできるWordPressカンタン設定ガイド

WordPressがいいとは聞くのだけど、

・無料ブログとどう違うの?
・そもそもワードプレスって何?
・なぜワードプレスがいいの?
・どうやって作るの?
・シゴト化とシクミ化させるには?
・ワードプレスは私でもできるの?
・無料ブログを続けていていいの?
・ホームページとブログを一つにしたい

どれかに一つでも当てはまるなら、このテキストに答えがみつかります。

見込み客を集める強力なブログツール『ワードプレス』を理解し、立ち上げるための基礎が学べる内容が、この一冊にまとまっています。

手に入れた方からは、
『こんなものが欲しかった』
『専門書では分らないけど、初心者用書籍には書いていないことがある』
といった声をいただいています。

あなたもぜひ入手してください。

WordPressが作れる無料テキストを手に入れる

 

※テキストをお届けの後は、
「集客ブログでファンを創る シェアコンテンツを学ぶ7日間講座」、
その後は「ブログをメディアにするヒント」を不定期でお送りいたします!

その他のおすすめ記事

LINEで送る
Pocket

[関連記事]  高くて良いのは当たり前。価格以上の価値が無ければ安くて良いものに勝てない時代

この記事を書いた人

竹花 香
ファン創造WEBプロデューサー。大中規模企業のWEBサイト ディレクション、デザインで伝えたいことを具体な形にする役割を担う。
メッセージ、面白いアイディアなど「まだ形になっていない見えないもの」の、見える・伝わる表現を探し出すことに熱が入る。そこが自分の使命であり、プロとしてのスキルでもある。基本はウェブ周り。
【好きなもの】ネコ、犬、絵、クロッキー、五平餅、牛皮、メロン、ラ・コルベリーヌのクルミ入酵母パン「ノア」、 エンタメ、青森ねぶた、映画。