KAORI CREATIVE

惹き寄せるビジネスワードプレスの作り方

WordPressとは?初心者向けに分かるように解説

ワードプレスとは?分かりやすい【超初心者向け】入門ガイド

投稿日:2019-01-20 更新日:

ワードプレスって耳にするけど、
「ワードプレスとは何?」「ワードプレスができることは?」「ワードプレスと無料ブログの違いは?」
こんな疑問を持つ超初心者の方向けに、以下ような内容でワードプレス(WordPress)を分かりやすく解説しました。

  • ワードプレスは何ができるのか
  • その理由
  • 無料ブログではできないのか
  • ワードプレスの何が強いのか
  • メリット、デメリット

この記事を読めばワードプレスの可能性や働きを理解することができ、目的意識をもって始められますから、より早く売り上げアップを実現させられます。

ワードプレスとは集客やマネタイズが可能なブログサイト作成ツール

ワードプレスは集客やマネタイズを可能にする

ワードプレス(WordPress)とは、カンタンに言えばビジネスの売り上げやブログで稼ぐためのしくみを作ることができる無料のブログ作成ツールです。

ブログ集客に成功している人や月に数百万円以上を稼ぐプロブロガー、フィリエイターさんたちはワードプレスを使っています。

世界でシェアNo.1 ワードプレスは成功ノウハウがたくさんある

ワードプレスの使われている割合は32.9%世界中の全てのウェブサイトのうち、32.9%(2019年現在)※1がワードプレスで作られています。ウェブサイト制作管理ツール(CMSと呼ばれます)の中では59.9%※2。日本だけに限定すれば80%以上のシェア数で圧倒的な人気です。
※1 Interenet Live Stats,※2W3 Techs, 日本語でのシェア 2W3Techs

ワードプレスは個人ブログだけではなく、企業サイト(価格コムやクックパッドほか)やローリングストーンズやケイティ・ペリーほか著名人サイト、商品プロモーションサイト、大学、病院、ショッピングサイトなど数多くの種類のウェブサイトに使われています。

whitehouse

かおり
オバマさん以降、米国のホワイトハウスもワードプレス。海外ではワードプレスをショッピングサイトに使っているケースが多いみたいです。

以下は検索キーワード数の推移を見ることができる「Googleトレンド」で、2004年から2019年までの「ワードプレス」の言葉でトレンドを見たものです。

「ワードプレス」Googleトレンド

人気があるということは、それだけワードプレス実績を出している人のノウハウがたくさんあり、それを聞いて使う人が増えてきているということです。このグラフでも分かりますね。そのため、情報を手に入れやすい状態にあります。

ワードプレスが集客に強い理由:読まれ続ける状態を生み出しやすいから

ワードプレスで書かれたよいコンテンツ(記事)は繰り返し読まれる

なぜワードプレスが売り上げアップや収益化が得意なのかというと、ブログが見込み客を安定して連れてきて、お申し込みや購入を定期的に生み出しつづける状態を作りやすいからなのです。

その状態を「サイトの資産化」と言います。

ブログサイトが集客やマネタイズ(収益化)のために働いてくれる。ワードプレスでねらうのはこういう状態を作り出すことです。

そしてワードプレスがそういう状態をつくりやすい理由は大きくは2つあります。

  1. ワードプレスそのものが検索エンジンとの親和性が高い
  2. セールスへの動線などを自由に作りやすいため、ユーザーをメルマガ登録などへ誘導する工夫や戦略を立てやすい

「ブログ集客」と言われるものは、あなたの書いた記事とそれを必要としているユーザーとを検索エンジンを通じてマッチングさせ、ブログへ連れてくる方法です。

そのためには検索エンジンで悩みや問題を解決するため、情報を探す人たちのニーズに合わせて、その答えを記事を書いて満足してもらうことがブログづくりの中心になります。

ブログの記事の中では、しっかりメルマガやオンラインサロンなどの商品への動線を設置して誘導することで、記事を読んであなたに信頼や興味をもったユーザーが、そこから登録したり購入をしてゆくようになります。

そういった質の高い読まれる記事をいくつも書くことで、解決策を求める人たちを継続的にブログへ呼び込むことができ、安定的にアクセスを増やすことができるのです。

検索からの訪問者を集めやすく、かつ個人が使いやすいツール。それがワードプレスなのです。

無料ブログじゃだめな理由:ブログ集客に必要な条件が足りない

アメブロではワードプレスで実現するブログ集客はできない

ブロ子
アメブロだってブログ集客できるでしょ??

…と思うかもしれませんがむずかしいです。商用利用が認められたことは関係ありません。

アメブロで「ブログ集客」がむずかしい理由

アメブロはそもそも日記を書くことを目的に作られていますので、それ以上の機能は基本的にありません。制約が多くごく限られた範囲でしか設定・変更(カスタマイズ)できません。

ブロ子
でもアメブロでも記事下にちゃんとメルマガのリンクはってるよ!

アメブロではがんばってもテキストの装飾くらいですので、ガラケー時代ならいいのですが、見た目のアピール力が弱いです。基本は日記向けに作られているから当然なんですけれどね。

ワードプレスならメルマガへのリンクボタンやキャッチコピーを一括で変更することも、ヘッダー画像をトップページだけに表示し、その下層の記事ページでは表示させないことも問題なくできます。分かりやすくデザインされていることは大事なことなんです。

そのうえ読まれる対象は基本的にアメブロコミュニティ内の人のみ。ワードプレスは検索する人を対象にしていますので、対象の規模が違うのです。

より多くの人に読んでもらう状態をつくるには、このようにアメブロは不利な条件ばかりです。

  • サイバーエジェントの利益のための広告が貼りつけられている
  • 1,000円で広告を外しても「アメーバピグ」などのリンクは外れない
  • ピグや芸能人ブログなどビジネスと無関係なリンクがある
  • アメブロは検索エンジンには強くない
  • ユーザーの使い勝手がとても悪いデザイン
  • スマホ時代に、スマホ版のカスタマイズができない。外観で個性や違いが出せない
  • 独特なふんわりエッセイ調の記事では検索からはアクセスを増やしにくい
ワードプレスが狙うのは「資産化したブログ」です。

アメブロではそもそも作りからして向いていないんですね。そのうえ無料で間借りしている姿はどこか本気ビジネスでない印象を受けます。

かおり
同じブログでも、アメブロはコミュニティ集客なので集客方法がちがうんです。別ものとして取り組んだほうがよいでしょう。

ご注意

WordPress.comというサービスがありますが、これはワードプレスでブログが書けるサービスです。アメブロやライブドアブログなどと同じ無料ブログサービスです。
制約があるのでここで言うブログ集客には使いません。
使うのはWordPress.orgです。間違えやすいので注意してください。

 

ワードプレスを強くしている3つの要素

ワードプレスを最大にして最強にしている理由はこの3つの要素です。

  1. 検索エンジンとの親和性が高い
  2. 機能をカンタンにふやせる「プラグイン」
  3. 外観デザインをカンタンに入れ替え、必要な設定ができる

【1】検索エンジンとの親和性が高く(SEO)、検索からアクセスを得やすい

Googleの検索フォームSEO(Search Engine Optimization)とは、検索結果の上位に表示させるための工夫や方法のことを言います。

ブログサイトに見込み客を集めたり収益化させるためには、人を集められなければ始まりませんので、ブログの記事を人の目につく場所=検索上位に記事を表示させるSEO対策は必須なのです。

その点、ワードプレスはそのSEOに必要なことが盛り込まれて、親和性が高いとGoogleの人にもお墨付き。Googleのマット・カッツさんの有名な言葉を紹介します。

ワードプレスは賢い選択です。
ワードプレスはSEOに関する多くの問題を自動的に解決し、SEOの手法の80〜90%に対応するように作られているからです。

WordPress is a great choice.
WordPress automatically solves a tons of SEO issues.
WordPress takes care of 80-90% of Search Engine Optimization(section).

マット・カッツ(Matt Cutts)  「WordCamp サンフランシスコ 2009

【2】 機能をカンタンにふやせるしくみ〜プラグイン

wordpressプラグインプラグインとは機能を拡張するためのミニ・プログラムのことです。

ふつうは機能を加えたいならプログラムを書かないといけませんが、独立させたインストール型にしたことで、専門知識がなくてもカンタンにその機能を追加できるようにしたしくみです。

プラグインは無料から有料まで世界中の人が作ったものがあり、公式サイトには54,000件以上ものプラグインが登録されています(2019年現在)。

ただ、なんでもかんでも入れればよいということはなく、集客に必要な基本の機能をおさえれば十分。後述するデザインテンプレートにあらかじめ組み込まれた機能があればそれを活かしましょう。

かおり
ワードプレスとプラグインとの関係は、スマホとアプリの関係に例えればイメージしやすいですよ。

スマートフォンとアプリ、ワードプレスとプラグイン

例えばスマホはアップルやGoogleなどのメーカーが作ってますが、アプリは別の第三者が作っていますね。アプリを選んでインストールすれば自分だけのスマホを作ることができる。プラグインはそんな役割に近いイメージです。

ワードプレスそのものはシンプルなブログ機能だけなんです。そこでプラグインを上手に選べば、あなたの実現したいウェブサイトを作ることができます。

【3】プロがデザインしたデザインの入れ替え(テーマ)・自分に合わせたカスタマイズ

WordPress themes
ワードプレスは、データーとデザインを別々に管理されています。そのためテンプレート(デザイン)部分の入れ替えがカンタンにできるようになっています。

そのしくみをワードプレスでは「テーマ」と呼んでいます。


サイトの目的別に用意されたデザインのテーマが国内外、無料・有料とたくさんあります。テーマをインストールすれば、1時間以内にはデザインが整ったウェブサイトができあがるのです。

そしてワードプレスのテーマには、製作者が独自に工夫した機能が入っているものも多く、初めから使いやすいようにカンタンに設定できるようにしてあります。

これがどの程度入っているかがどのテーマを選ぶかを決める重要なポイントなのです。プラグインが不要な機能がついたものもあり、とても便利なんです。

ビジネスの世界観に合わたカスタマイズや動線の設置などがしやすいテーマを選ぶようにしてください。

ワードプレスのデメリット:自己管理と勉強が必要なこと

wordpress-securityそんな人気があるワードプレスですが、デメリットもあります。

自由である分、ワードプレスはすべて自己管理

無料ブログサービスはサービス提供会社(アメブロならサイバーエジェント)が管理しています。使う側は何も心配いりません。
しかしワードプレスはだれもやってくれません。悪意のあるハッキングに襲われる可能性もゼロではなく、セキュリティ対策などは自分でやる必要があります。

ワードプレスでもアクセスを増やす努力は別に必要

検索結果で上位をねらうための基本の条件はワードプレスにそろっていますが、ワードプレスにしただけで自動的にお客さまを集めてくれるわけではありません。それを「ワードプレスにすれば集客できる魔法のツール」と誤解している人が意外に多いのです。

大切なのは見込み客が読みたいと思う記事を書くことは必須ですから、ツール依存では売り上げには結びつきません。

ワードプレスやSEOの知識は適当にやっても自然には身につきにくく、積極的に知識を仕入れなければ「サイトの資産化」を生み出すことはできません。

ワードプレスは自らお客さまに届けられない

ワードプレスに限りませんが、ブログやウェブサイトはソーシャルメディアやメルマガと違って見込み客にみずから届けることができません。相手から訪問してもらう工夫が必要ですので、検索エンジンを学ぶことは必要不可欠なのです。

まとめ

ワードプレスは集客を可能にするブログ作成ツールであり、上手に活すれば、売り上げをあげたりブログで収益をあげることができます。

  • ワードプレスは集客やマネタイズのしくみを作ることができる
  • ワードプレスはセールスへの動線やカスタマイズがしやすい
  • ワードプレスは検索エンジンに強い

あなたのビジネスの価値をより多くの必要としている人たちに届けてあげてください。そのためには、やはり無料ブログよりはワードプレスのほうが大きく伝える底力があります。

ですのでワードプレスを一つ一つステップごとに作ってゆきましょう。このサイトでも集客ワードプレスの作り方の記事を追加してゆきます。

ぜひいっしょにやりましょう!

-ワードプレスの始め方
-

Copyright© KAORI CREATIVE , 2019 All Rights Reserved.