投稿先:

ホームページとブログの違いと起業家にそれらの一体型を進める理由

ホームページとブログ、狭義の意味で違うし広義には似たようなもの

ホームページとブログってどう違うの?一緒にするメリット
LINEで送る
Pocket

「ホームページ」も「ブログ」も形式などが違うだけで同じウェブサイトではありますが、
この記事では、あえて「ホームページ」という表現を使用しています。

起業家さんには、時系列のブログだけとか、ブログは外部の無料サイトで別にホームページがある、という構造はやめて、ブログと事業の情報をしっかりと見せられるホームページ(ウェブサイト)とを一つのサイトの中に一緒に置くことをおすすめしています。
ユーザーの動線的にも、SEO的にも、そのほうが有利だと考えるからです。

ホームページ(ウェブサイト)とは何か

ホームページとは、固定的な情報を
中心に載せたウェブサイトのことです。

例えば会社案内、サービス案内、実績、プロフィール
当たりになりますね。

ウェブサイトのスタイル自体は、ここのところ多様化しています。

ブログやコミュニティサイト、ニュースサイト、
ウェブサイト、ギャラリーサイト、ソーシャルメディアサイト
キュレーションサイト、バイラルメディアサイト etc…
個人事業主、起業家がここで考える場合は、
自分の情報発信の中心基地となるウェブサイトのことです。
そうなると、事業に関する情報を載せたサイトと考えます。

ブログとは何か?

ブログは、元々は「ウェブログ」という名前で、
ウェブ上にログ(データーの記録)を貯めてゆける
ウェブサイトのスタイルを指していました。
自分で更新できる日記サイトというのが始まりでしたね。

なので書いた記事は時系列で積み上げられていきます。

ニュース性やイベント性、
季節性のある情報、近況の情報など、

ブログは
「動いている情報」が 中心となったウェブサイト。

と分けられるかと思います。

ホームページとブログはバラバラではなく一緒にしよう

laptop-man起業家であれば、
ブログとホームページ一体型のウェブサイトをすすめています。

→ ブログとホームページは分けない方がよい理由


理由1:ホームページだけでは
なかなか更新が発生しづらい。

ホームページに載せる情報は、更新頻度は低いものです。
そういうホームページはGoogleから評価されないのです。
よってアクセスが集まりにくいのです。

ブログから頑張ってリンクをはればいいかというと、
はらないよりはいいですが、別サイトになるので
画面の印象も違う、モバイルでは別サイトへ移動することは面倒くさいです。

[関連記事]  Facebookとブログってどっちにどう力を入れたらいいの?

ウェブにホームページ(ウェブサイト)を置くのは、
人に聞かれた時だけに見てもらうためのカタログではなく、
自然に人が集まってこれる状態を生み出さないと
機能させたことになりませんよね。

更新しやすいブログと一体とすると、
サイト自体の鮮度が保たれるので、
Googleに対してもプラスです。
理由2:ドメインが強くなる

ホームページ単体より、ブログと一緒にしたほうがアクセスを
集められやすいのです。
相互がすぐにアクセスしやすい状態であることで、
相互にメリットを与えられます。
ホームページ(ウェブサイト)のドメインも強くなりやすい。

 

理由3:ユーザーも迷わずサイトの情報にアクセスできる

同じドメイン化で、外観も統一され、
ナビゲーションも統一されるので、
ブログ記事を読んで関心を持った人が
あなたのサービス内容やプロフィールに迷わずアクセスできます。

逆に、ホームページ情報を見て、
どういう最新情報(ブログ)があるだろうと、
ブログを見てその著者の動いている情報を見ることもできます。
わざわざURL(ドメイン)が変わることないので、
あちらこちらにたらい回しにされることなく、
ユーザーとしても安心感があります。

理由4:URL(ドメイン)が同じなので、管理が一つのサイトですむ

URLが違うことはログイン管理画面が別々です。
面倒くさいですね。一緒であれば、
ブログを書いたついでに目にしたホームページ側の古い情報、
差し替えなければいけない情報に気づいて直すこともできますよね。

モバイルから別のURLにアクセスするのは
ちょっと時間かかります。

見た目の画面がバラバラで、
ブランディング的によろしくありません。

プロフィール、サービス内容など、
アメブロでブログ記事に
そのような情報を書いているのを見かけますが、
やっぱり見づらいと思いませんか?

ブログというニュース的な性質の投稿と、
ビジネス情報という固定的な投稿との
棲み分けができていないので、
なんとなく見づらいのです。

ウェブサイトは情報を整理し、
構造化して見せることが可能です。

[関連記事]  超お得!ビジネスブログ初心者にエエトコ取りのWordPress設定ガイドが生まれた理由

WordPressならどっちでもできる

WordPressは、ホームページだけのサイトにもできるし、
ブログだけのサイトにもできる。もちろんミックスでもつくれる。
どうにでもつくれるんです。

その柔軟性が世界のウェブサイト1/4のシェアを誇る理由です。

→【3分で分る初心者ガイド】WordPressって何?まずは知っておくべき5つのポイント

操作の慣れやシクミの理解は必要ですが、
立ち上げた後の更新管理は自分で行うことができます。

まとめ

「ホームページがいるのかな?」
「アメブロだけじゃだめ?」方や、
ホームページはあって、
ブログをアメブロにしている方もいます。

なんでそのようなデメリットが
多いことをしているのかが不思議です!

分けずに一つにすれば、
管理更新も一つの所からログインすればよいし、
ご自身のウェブのメディアを
ブログとホームページのよいところを相互に活用し合えます。

へんにバラバラにせず、一つでしっかり立てる、
という方法がよいと考えます。

→ アメブロをビジネスブログとして使い続けるリスク

 

WordPressにしてみたいけど、どうしていいか分らない方へ

見ながらできるWordPressカンタン設定ガイド

WordPressがいいとは聞くのだけど、

・無料ブログとどう違うの?
・そもそもワードプレスって何?
・なぜワードプレスがいいの?
・どうやって作るの?
・シゴト化とシクミ化させるには?
・ワードプレスは私でもできるの?
・無料ブログを続けていていいの?
・ホームページとブログを一つにしたい

どれかに一つでも当てはまるなら、このテキストに答えがみつかります。

見込み客を集める強力なブログツール『ワードプレス』を理解し、立ち上げるための基礎が学べる内容が、この一冊にまとまっています。

手に入れた方からは、
『こんなものが欲しかった』
『専門書では分らないけど、初心者用書籍には書いていないことがある』
といった声をいただいています。

あなたもぜひ入手してください。

WordPressが作れる無料テキストを手に入れる

 

※テキストをお届けの後は、
「集客ブログでファンを創る シェアコンテンツを学ぶ7日間講座」、
その後は「ブログをメディアにするヒント」を不定期でお送りいたします!

LINEで送る
Pocket


この記事を書いた人

竹花 香
ファン創造WEBプロデューサー。大中規模企業のWEBサイト ディレクション、デザインで伝えたいことを具体な形にする役割を担う。
メッセージ、面白いアイディアなど「まだ形になっていない見えないもの」の、見える・伝わる表現を探し出すことに熱が入る。そこが自分の使命であり、プロとしてのスキルでもある。基本はウェブ周り。
【好きなもの】ネコ、犬、絵、クロッキー、五平餅、牛皮、メロン、ラ・コルベリーヌのクルミ入酵母パン「ノア」、 エンタメ、青森ねぶた、映画。