投稿先:

JINSに学ぶ!お客さまに「自分事」にしてもらう見せ方

切り口を変え新しい価値を提供することでお客さまに必要性を感じてもらう

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

何かの企画や広告などを作るときに「切り口」という表現を使うことがあります。そのものの本質自体は変わらないのですが、どういう考えでどういう見せ方をするかっていうことです。そのためには、同じものをいろんな角度で見てみることが必要ですよね。

リンゴを縦、横、斜めでその切った見え方はそれぞれ変わりますよね。

ネットワーク関連会社の制作部に所属していたとき、作った複数のデザイン案に対して「これ、切り口変わらないよね」と、よくダメだしをくらいました。
ちょっと変えたくらいのものは「バリエーション」であって、切り口の違いではないんですよね。

 

パソコンメガネが普及した今、アプローチを変えてきたJINS

jins-ad2

jins-ad3
PCメガネは、パソコンなどLEDディスプレイが発する青色光「ブルーライト」をカットすることで、眼精疲労などの目や脳への影響を軽減させるメガネですね。

今はZOFFや眼鏡市場、メガネスーパーなどの競合他社もブルーライトカットのメガネを扱っています。

それら競合三社のWEBサイトを見てみました。

各社パソコンメガネの訴求内容は、
どこも同じく「眼精疲労の軽減」

パソコンメガネのウリを、どこも同じようにうたっている
大した差はありません。
好きなフレームがある店で作ればどこでもいいと思っちゃう。

そこでパソコンメガネの先駆けのJINSは、
他社とは違うさらに深堀したアプローチをしています。

肩こりと戦うメガネ。
寝不足と戦うメガネ。

えっ、肩こり?寝不足?
それってブルーライトと関係あったん?

それを第三機関の専門家や会社名、
数値を出すことで説得力のある深堀りの情報を出しています。

[関連記事]  プロフィールが空欄の人はお客さまに自分を知らせる機会を失っている

▼習慣的に使うとこりや疲れが改善されるらしいとか。
jins-01

▼紫外線の次に強い光だとか(ドキッ)
jins-07

▼いつも見てるスマホが一番ブルーライトが強い!?
jins-09

▼う、就寝前のスマホが睡眠に影響!?
jins-04

▼マイクロソフトの社員も効果を感じたと…
jins-08

すべて JINS:私たちを取り巻くブルーライトの驚異

 

JINSの「実は必要だった」に気づかせるアプローチ

ここまでブルーライトについての情報は、他社にはありませんでした。

JINSの情報の見せかたは
ブルーライトカットは「眼精疲労を軽くしてくれる」 程度のものではなく、

「健康上、もはや必須」
と、強烈な必要性を感じさせますよね。

紫外線と同じ位に強い光で、
スマホのブルーライトは非常に強くて、
寝る前のスマホいじりが睡眠の質に影響されてるって知ると…

「あるといいかな〜」程度だった人を
「やっぱり買ったほうがいい!」に変えさせてます。

深堀りし、それまであまり知られてない側面を見せることで、
潜んでいたニーズに気づかせることに成功していますね。

数値や専門家による研究結果と合わせて、
自分たちの製品に信頼性がある根拠も見せている。

jINS SCREEN

うちのPCメガネは
他のものと同じに見えるかもしれないけど、
実はぜんぜん違うのよ

と言わんばかりです。

 

まとめ

お客さまは見慣れたり聞き慣れてくると、
それに対してあまり考えたり見たりしなくなる傾向にあります。

お客さまにさらに近づくために、
それまでとは違う考え方、見せ方を考えてみることが
時には必要だということです。

[関連記事]  アメブロをビジネスブログとして使い続けるリスク

JINSのPCメガネ(2013年ごろ JINS PC)のコピーは

「かければ、わかる。」
<JINS PC>

それが今は

「肩こりと戦うメガネ。」
「寝不足と戦うメガネ。」
<JINS SCREEN>

に変わりました。

スマホ利用率がPCより格段にあがり、
ブランド名から「PC」という名前をはずしました。

PCを使い続けていたら「PC最近使わないし」で
スルーされてしまいますよね。

そもそもJINSは、パソコンメガネをヒットさせた事で
メガネを使用しない人も、
メガネ屋に足をむけさせることに成功しているのです。

お客さまの生活の変化や時代の流れをふまえながら、
時に切り口(情報の見せ方、考え方)を変えることで、
新たな価値に気づかせることが
できるってことですよね。

自分の良さが伝わっていないと感じる場合、
違う「切り口」を考えてみるのも一つかもしれません。

* * * *

自分も少しでも眼精疲労を減らさないと…と思い、
ブルーライトカットのシートをノートパソコンに買いました。
目が少し楽ですね。

iPhone用には遅れて注文しました。
やや色が変わって見えるのは仕事柄ちょっと避けたいので、
メインのマシンは、シートをせず、メガネだけにしています。

その他のおすすめ記事

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket


この記事を書いた人

竹花 香
ファン創造WEBプロデューサー。大中規模企業のWEBサイト ディレクション、デザインで伝えたいことを具体な形にする役割を担う。
メッセージ、面白いアイディアなど「まだ形になっていない見えないもの」の、見える・伝わる表現を探し出すことに熱が入る。そこが自分の使命であり、プロとしてのスキルでもある。基本はウェブ周り。
【好きなもの】ネコ、犬、絵、クロッキー、五平餅、牛皮、メロン、ラ・コルベリーヌのクルミ入酵母パン「ノア」、 エンタメ、青森ねぶた、映画。