集客メディアマーケティング研究

KAORI CREATIVE

プラグイン ワードプレス

【保存用】ワードプレスの簡単自動バックアップ法

投稿日:2018-07-28 更新日:

バックアッププラグイン UpdraftPlusでバックアップと復元を行う

こんにちは。ウェブプロデューサーの竹花です。

ワードプレスをバックアップする方法と、ワードプレスを復元(リストア)をする方法を合わせてご紹介します。

バックアップしているから安心だと、満足していませんか?

想像してみてください。
自分ブログがハッキングされてしまい、中身が全部書き換えられて変な画面になってる。バックアップから元に戻そう!

…こんな状況で、あなたは冷静でいられるでしょうか。
そんな時に、バックアップから復元する方法がわからないとしたら。

「あれっ?バックアップからどうやって元に戻すの!?」

頭は真っ白、パニックは加速。

専門家にお願いしようとしても、ちょうどよいタイミングでよい人が見つかるかも、見つかってもスグ対応してもらえるかも分かりません。

その間サイトは変な状態のまま。読者や友人から「サイトおかしいよ」とメッセージが… 気持ちは焦るばかり。

バックアップは「バックアップと復元」までが一つのセット。

こういうことは予期せぬ時にやってくるので、今から抑えておきましょう。
ここではまずはバックアップ方法からお伝えします。

プラグイン UpdraftPlusで手動でバックアップする方法(今すぐ行いたい場合)

ここでは、優秀なバックアッププラグイン「UpdraftPlus」を使った方法をご説明します。

+ 事前にプラグインをインストールして有効化する方法はここをクリック

  1. 管理画面の「プラグイン」>「新規追加」で、「UpdraftPlus」と入力して検索する。プラグインをインストールするには「新規追加」からフォームにプラグイン名を入れる
  2. UpdraftPlusが出てきたら、「今すぐインストール」ボタンを押す。UpdraftPlusー「今すぐインストール」を押す
  3. インストールが終わったら「有効化」というボタンが出現するので、クリック。「プラグインを有効化しました」と出たら完了。

まずは手動でバックアップをとります。設定をしていても手動での方法は同じです。
自動バックアップの設定、外部ストーレージへの保存方法はのちほど説明します。

step
1
UpdraftPlusの管理画面を開く


無料版のUpdraftPlusを有効化後は、管理画面のサイドメニュー>「設定」の下に「UpdraftPlus Backups」が追加されます。そこをクリックしてUpdraftPlusの管理画面を開きます。

updraftplusの設定画面は管理画面の「設定」の中に入っている

step
2
「今すぐバックアップ」ボタンを押す

UpdraftPlusの管理画面ではタブでメニューがこのように
「Backup /Restore」「Migrate / Clone」「設定」「上級ツール」「プレミアム / 拡張」と別れています。英語のままと日本語がミックスしてます。
「Backup / Restore」のタブを開くと「今すぐバックアップ」ボタンがでんとあります。「今すぐバックアップ」ボタンを押します。

updraftplusで今すぐワードプレスのバックアップをする

 

step
3
確認ダイアログでバックアップするものを選ぶ

「今すぐバックアップ」ボタンを押すと「一度だけバックアップを実行」のウィンドウが開きます。

「バックアップにデーターベースを含める」「バックアップ内のすべてのファイルを含める」のメニュー横の(…)をクリックすると、さらに以下のようなメッセージと選択肢が開きます。

updraftplus バックアップの確認画面の設定

 

+ 上記の「一度だけバックアップを実行」の説明はここをクリック

「バックアップにデーターベースを含める」

  • With UpdraftPlus Premium, you can choose to backup non-wordpress tables, backup only specified tables, and backup other databases too.
    訳:UpdraftPlus プレミアム(有料版)なら接頭辞無しのテーブル、特定のテーブルのみ、他のデーターベースをバックアップする、を選択できます。

「バックアップないのすべてのファイルを含める」

  • UpdraftPlusでは、全てとはデーターベースの他に以下の「wp-contents」というフォルダに入っている4種類のデーターを指します。プラグイン(plugins)
    テーマ(themes)
    アップロードファイル(uploads)※「アップロードファイル」とは「メディア」からアップしたデーターで、主に画像のこと。

「バックアップは任意のリモートストーレージに送信されません」

  • Googleドライブのような外部ストーレージの設定をしていないためこのようなメッセージがでます。今回はこのままでOKです。
    設定後は「このバックアップをリモートストーレージに送信」と表示されます。
  • Only allow this backup to be deleted manually (i.e. keep it even if retention limits are hit.)
    (このバックアップは手動でのみ削除できるようにする  (例:残しておくバックアップ数の上限を超えたとしても自動削除されないようにする)→自動で消したく無い場合にチェックします。

 

step
4
UpdraftPlusの「今すぐバックアップ」ボタンを押してバックアップをスタート

必要な箇所をチェックしたら、ウィンドウ下の「今すぐバックアップ」ボタンを押します。
今回は全てチェック(=すべてのデーターをバックアップ)したままでよいでしょう。

押すとバックアップの進捗状況がインジケーターで表示されます。

updraftplusのバックアップ中のステータス表示

step
5
バックアップが完了したことを確認する

「バックアップは成功し完了しました。」というメッセージが出たらバックアップは終了。「バックアップ済み」のバックアップリストに載っているはずですので、日付を確認してみてください。日時が合っていれば、問題なくバックアップされたことになります。

updraftplusバックアップ完了

チェック

  • 日時はバックアップした時の日付のものがあるか確認しましょう。
  • 「全てバックアップ」選択した場合は、「データーベース」「プラグイン」「テーマ」「アップロードファイル(画像)」「その他」の5種類すべてがあることを確認しましょう。

バックアップは以上です。カンタンですよね。

バックアップにかかる時間はサイトの規模にもよりますが、100記事弱、画像多めのサイトで数分程度です。

ポイント

初期設定ではバックアップデーターはワードプレスのデーターが置いてあるのと同じサーバーに置かれます。リスク分散のためにはなるべく外部ストーレージにバックアップする方がおすすめです。

→ Googleドライブにバックアップする方法
→ Dropboxにバックアップする方法

 

プラグイン UpdraftPlusを使って自動でバックアップを取る

UpdraftPlusで自動で定期的にバックアップをとる方法を説明します。
そのために、以下の3つの設定を行います。

  • スケジュール(頻度)の設定
  • どのデーターをバックアップするか設定
  • どこにデーターを置くかを設定

ワードプレスをバックアップするスケジュールを決める

UpdraftPlusの「管理画面」でスケジュールを選択します。

updaraftplusでバックアップのスケジュールを設定する

  1. ワードプレスの管理画面の左メニュー「設定」から「UpdraftPlus Backups」を選択し、UpdraftPlusの設定管理画面を開きます。
  2. 設定管理画面の上にタブメニューがあるので「設定」をクリック。「ファイルのバックアップスケジュール」「データーベースのバックアップスケジュール」というメニューがあるページを開きます。

    データーベース:記事、各種設定内容
    ファイル:主に(メディアからアップロードされる)画像

  3. 頻度はプルダウンメニューで選択:
    初期設定では「手動」となっているプルダウンメニューを押すとスケジュールの頻度を選択できますので自分の更新頻度に合わせて選択します。
    →バックアップする頻度の決め方は?
  4. 「この多くのスケジュールされたバックアップを保持」:
    データーを何バージョンまで保存しておくかの設定です。この数以上のバックアップが行われたら古い順から削除され新しくデーターが追加されます。
    10コや20コなどにしておくと、サイトの規模が大きくなるにつれサーバーの容量がいっぱいにすぐなってしまう場合があります。少し前のものに戻したい場合やデーターが壊れてていたなどといったケース見込んで、3つ〜初期設定の5つ程度にしておくのがよいでしょう。

バックアップの頻度の決め方

「新しく変更が加わる前にバックアップ」が基本。

基準は自分の記事の更新頻度
UpdraftPlusの公式サイトでは「一般的な頻度はデーターベースは1日ごと、ファイル(画像)は1週間ごと」と紹介しています。
もしあなたのブログの更新頻度が4〜5日に1度程度なら、データーベースもファイルも1週間ごとくらいでもよいでしょう。

ファイルのバックアップ間隔が短いとサーバー容量圧迫する!

画像は記事などのテキストデーターとくらべて重い=容量が多いため、データーが溜まるとあっという間にサーバーのスペースを圧迫します。

私はかつて「あれっ!記事が更新できない!なんでなんで!」って事がありまして、調べてみたらサーバー容量が満杯で残量ゼロ。慌ててデーターをダウンロードして削除したら更新できました。この時私は「15個」とか狂気の沙汰で(笑)。

画像が多いブログサイトだと"知らない間に"容量を圧迫しますバージョンの保存数も、頻度も適切に。

ファイル(画像)の更新頻度はデーターベースより低くてOK

ブログサイトの性質や画像の量にもよりますが、サーバー容量を抑えるためにも画像のバックアップ頻度はデーターベースより少なくても大丈夫です。

無料版ではバックアップの時間帯までは決められません。これ、何気に不便なんですよね。
設定をした時間が基準になるようです。
有料版 UpdraftPlus Premium(70ドル/2サイトまで)では具体的に時間を指定できます。

UpdraftPlusでとったワードプレス バックアップデーターの保存場所

バックアップのデーターは、デフォルトではサーバーの以下の階層のフォルダに保存されるようになっています。
※Googleドライブなどの外部ストーレージに自動バックアップ場所として指定した場合はサーバーに保存されません。

UpdraftPlus サーバー上のバックアップデーターが置かれる場所 -KAORI CREATIVE※一番上の階層の「public_html」はウェブで公開されるデーター(=ブラウザからアクセスすると見える)を入れるフォルダです。サーバーによってフォルダ名は異なる場合があります。

バックアップするワードプレスのデーターを決める

同じくUpdraftPlusの設定管理画面を開き、タブメニューの「設定」を開きます。

ページを下へスクロールすると「バックアップするファイル」を設定するエリアがあります。ここで自動バックアップするデーターをチェックして決めます。

updraftplusバックアップするデーターを決める

  • プラグイン
  • テーマ
  • アップロードファイル
    これらは除外:backup*,*backups,backwpup*,wp-clone,snapshots
  • wp-content の中に含まれる他のディレクトリ
    これらは除外:upgrade,cache,updraft,backup*,*backups,mysql.sql,debug.log

「wp-content」というフォルダはテーマやプラグイン、言語(ワードプレス日本語版なら日本語に翻訳される情報など)や画像など、私たちがワードプレス運営をする上で関わる可能性が高いファイルが格納されているものです。

UpdraftPlusでバックアップしたデーターもこの「wp-content」フォルダの中にあります。「wp-content外部のストーレージサービスにデーターを保存するのなら「updraft」を除外に入れてもよいでしょう。

ワードプレスのバックアップデーターの保存先を決める

UpdraftPlusの管理画面の「設定」タブのページを開くと、画面中程に「保存先を選択」の横に外部ストーレージサービス(データーを置いておけるサービス)のアイコンが並んでいます。
無料版では1個だけ選べます。複数に保存したい場合は有料版が必要です。

この記事では、日本人に馴染み深いGoogleドライブとDropboxにデーターを保存する方法を説明します。
少し前までとてもメンドウだったGoogleドライブの連携方法はかなりカンタンになりました。

UpdraftPlusとGoogleドライブとの連携の方法

step
1
Gmailアカウントにログインしておく

GoogleドライブとワードプレスのUpdraftPlusとを繋げるためにはGmailアカウントが必要です。連携作業の前にログインしておいてください。アカウントがない方は無料ですのでアカウントを作ってくださいね。

step
2
バックアップ場所にGoogleドライブを選択

UpdraftPlusの管理画面の「設定」タブを開き、ページ中程の「保存先を選択」でGoogleドライブのアイコンを選択します。

updraftplusでバックアップデーターの保存先にGoogleドライブを選択する
このあと、このページ下にある「変更を保存」を一度押しておくこと。

step
3
Googleドライブと連携させる

Googleドライブのアイコンを選択すると、画面下にこのような「Google Drive」というエリアが表示されます。

Google Drive フォルダー:Googleドライブの中のバックアップデーターが置かれるフォルダー名です。(有料版では任意の名前に変更可)

「Googleで認証」横のテキストリンクをクリック。

あなたは(下の[変更を保存]をクリックして)、設定を保存した後に、一度ここに戻って来て、Google Driveの認証を完了するには、このリンクをクリックしてください。

updraftplus Googleドライブとの連携方法

するとこのようなポップアップウィンドウが出るので、リンクをクリックします。

updraftplusとGoogleドライブを連携する

「You have selected a remote storage option which has an authorization step to complete:Follow this links to authorize access to your Google Drive account (you will not be able to backup to Google Drive without it).」

訳:リモートストーレージのオプションを選択しましたので承認ステップを完了させてください:このリンクに従い、Googleドライブアカウントにアクセスするための承認をしてください。(承認なしにGoogleドライブにバックアップはできません)

step
4
Gmailアカウントへのアクセスを許可する

次にこのような自分のGmailアカウントの画面がでます(画像左側)。
私のように複数のアカウントがある方は、連携する方のアカウントを選択します。

「UpdraftPlusがGoogleアカウントへのアクセスをリクエストしています」と出るので(画像右側)、連携させるアカウントを確認したら「許可」ボタンをクリック。

updraftplusとGoogleドライブとの連携方法ーGmailアカウントを選び許可をする

step
5
Googleドライブとの連携設定を完了させる

UpdraftPlusの設定完了前の最後の確認画面がでますので、サイトのURLを確認したら「Complete Setup」ボタンをクリックして完了させます。

UpdraftPlusのGoogleドライブとの連携

ページの翻訳

Googleドライブの設定を完了するために下のボタンを押してください。
ボタンを押すと<あなたのワードプレス のURL>のUpDraftPlusの設定画面に戻ります。

そうすることでGoogleドライブにバックアップデーターを送ることができるようになります。
以下のボタンを押すことでこのURLへ戻ります:<管理画面のURL>。

プライバシーポリシーとGoogleドライブの認証アプリの使用に関して私たちのプライバシーポリシーをお読みください(あなたのバックアップデーターは私たちに送られません)

「Complete Setup(設定を完了する)」

step
6
Googleドライブとの連携を確認

UpdraftPlusの管理画面に戻り、「設定タブ」をクリックし、先ほどの「Google Drive」のエリアをスクロールして見てみます。

updraftplusとGoogleドライブの連携が完了

「あなたはすでに認証されているようです」とあれば承認され、連携完了しています!

step
7
Googleドライブにデーターが保存されるか、確認してみよう

ここから先はしなくても、すでに自動バックアップのスケジュールを設定していますので、時間がくればGoogleドライブにバックアップデーターを置いてくれます。
保存データーが正しくGoogleドライブに実際に置かれるか、確認をしておきたい方は、手動でバックアップしてみましょう。

「現在の状態」タブをクリックし、「今すぐバックアップ」ボタンを押します。
ボタンを押すと確認ダイヤログが出ます。

「このバックアップをリモートストーレージに送信」にチェックが入っていることを確認し、
「今すぐバックアップ」のボタンをクリックしてバックアップを開始します。
「データーベース」と「バックアップないのすべてのファイルを含める」も念のためここではチェックしておきましょう。

updraftplusとリモートストーレージの連携確認のためのバックアップをしてみる

バックアップが完了し、「最後のログメッセージ」に「バックアップは成功し完了しました。」を確認したら、Googleドライブにデーターが置かれているかを見て見ましょう!

step
8
Googleドライブにバックアップデーターがあるか確認

ご自分のGoogleドライブにログインします。
まずは「UpdraftPlus」という名前のフォルダがあることを確認してください。

そのフォルダの中には「backup_」で始まるファイルが5つできていますね。

すべての項目をバックアップすると、UpdraftPlusは全部で5つの圧縮ファイルのデーターが作られます。ファイル名の末尾でデーターの種類がわかります。

  • uploads.zip → 画像などメディアに入るファイル
  • themes.zip → テーマのデーター
  • Plugins.zip →プラグインのデーター
  • others.zip →「wp-content」フォルダ内のデーター
  • db.gz → データーベースのデーター

ファイル名は次のような命名規則で名前が自動でつきます。

  • バックアップの日時 YYYY_MM_DD_HHMM_サイト名_バックアップID-uploads.zip
  • バックアップの日時 YYYY_MM_DD_HHMM_サイト名_バックアップID-themes.zip
  • バックアップの日時 YYYY_MM_DD_HHMM_サイト名_バックアップID-plugins.zip
  • バックアップの日時 YYYY_MM_DD_HHMM_サイト名_バックアップID-others.zip
  • バックアップの日時 YYYY_MM_DD_HHMM_サイト名_バックアップID-db.gz

※YYYY =西暦4ケタ、MM=月2ケタ(例:9月→09)、
DD=日にち2ケタ、HHMM=時間2ケタ分2ケタ

これでGoogleドライブにちゃんとバックアップできていることが確認されました!
あとは設定した自動スケジュールでバックアップをしてくれますので安心ですね。おつかれさまでした。

次はDropboxとの連携方法です。手順はこのGoogleドライブとほとんど同じです。

UpdraftPlusとDropboxとの連携の方法

step
1
Dropboxにログインしておく

あらかじめログインしておきます。

step
2
Dropboxの承認に進む

UpdraftPlusの管理画面の「設定」タブのページの「保存先を選択」Dropboxのアイコンを選択し、ページ下にある「変更を保存」ボタンを押す。

updraftplusとDropboxを連携する

ボタンを押したら以下のようなポップアップウィンドウが出るので、リンクをクリック。

updraftplusをDropboxと連携する「You have selected a remote storage option which has an authorization step to complete:Follow this links to authorize access to your Dropbox account (you will not be able to backup to Google Drive without it).」

訳:リモートストーレージのオプションを選択しましたので承認ステップを完了させてください:このリンクに従い、Dropboxアカウントにアクセスするための承認をしてください。(承認なしにGoogleドライブにバックアップはできません)

step
3
Dropboxとの連携を完了させる

UpdraftPlusの設定完了前の最後の確認画面がでますので、サイトのURLを確認したら「Complete Setup」ボタンをクリックして完了させます。

updraftplusとDropboxとの連携

ページの翻訳

Dropboxの設定を完了するために下のボタンを押してください。
ボタンを押すと<あなたのワードプレス のURL>のUpDraftPlusの設定画面に戻ります。

そうすることでDropboxにバックアップデーターを送ることができるようになります。
以下のボタンを押すことでこのURLへ戻ります:<管理画面のURL>。

プライバシーポリシーとDropboxの認証アプリの使用に関して私たちのプライバシーポリシーをお読みください(あなたのバックアップデーターは私たちに送られません)

「Complete Setup(設定を完了する)」

step
4
]Dropboxの連携の確認

UpdraftPlus管理画面の「設定」タブメニューページを開き、ページ中程の「Dropboxで認証」に以下のように(あなたはすでに認証されているようです)とあれば、連携は完了しています。

updraftplusとDropboxの連携確認

連携を解除するには、この「Follow this link to remove these settings for Dropbox」のリンクをクリックします。(Dropboxの設定を削除するにはこのリンクに従ってください)

さっそく次に実際に保存データーが正しくDropboxに置かれるかを手動でバックアップしてみます。方法はGoogleドライブの時と同じです。

「現在の状態」タブをクリックし、「今すぐバックアップ」ボタンを押します。ボタンを押すと確認ダイヤログが出ます。

「このバックアップをリモートストーレージに送信」にチェックが入っていることを確認し、
「今すぐバックアップ」のボタンをクリックしてバックアップを開始します。
「データーベース」と「バックアップないのすべてのファイルを含める」も念のためここではチェックしておきましょう。

updraftplusとリモートストーレージの連携確認のためのバックアップをしてみる

バックアップが完了し、「最後のログメッセージ」に「バックアップは成功し完了しました。」が出たら、タブメニューの「バックアップ済み」ページを見ます。

Dropboxのアイコンが付いているものは先ほど行なった日付で、バックアップをとったデーターがボタン化していますね(このボタンをクリックするとそのデーターをダウンロードできます)。

updraftplusでDropboxにバックアップした状態
念のためDropboxにデーターが保存されているか確認してみましょう。

step
5
Dropboxにバックアップデーターが保存されているかを確認

ご自分のDropboxにログインします。

Dropboxの場合は「アプリ」フォルダ内にバックアップデーターが保存されます。
Dropbox > アプリ > UpdraftPlus.com 内に同じく5種類のファイルができていればOK。

updraftplusでDropboxにバックアップデーターを送る

今回はすべてのデーターをバックアップしたので、ファイルが5つのファイルができていますね。

> 保存されるファイルは何がどんなデーターなの?

まとめ

プラグインを使ってのバックアップはとても楽ちんでカンタンですよね。ぜひ使って万が一に備えておきましょう。
このバックアップデーターから復元する方法はこちらでお伝えしているのでぜひ確認してくださいね。

-プラグイン, ワードプレス
-, ,

Copyright© KAORI CREATIVE , 2018 All Rights Reserved.