ワードプレスのバックアップデーターからの復元方法(UpDraftPlus)
【期間限定で無料公開】
ブログやSNSをもっと効率的に売り上げにつなげる
売り込み不要で、あなたから買いたい引き出す "伝えるしくみ"
「やさしいランディングページの作り方」 >>

【実は簡単】UpdraftPlusでバックアップを復元する方法

この記事では「ワードプレスが真っ白になってどう戻せばいいかわからない」「サイトが壊れた」「まっさらな状態で、バックアップから復元したい。」

という方向けに、ワードプレスのプラグイン「UpdraftPlus」でバックアップしたデーターからワードプレスを元に戻す=復元(リストア)の方法をお伝えします。やり方はBackWPupよりずっと簡単ですよ。

なお、別のサーバーや別URLに引っ越ししたい、別の場所で復元したい場合は、有料版『UpdraftPlus Premium(初年度70ドル、2年目より42ドル))」または有料のアドオン「Migrator(30ドル〜)」が必要になります。
ここではUpdraftPlusの無料版でできる「同じ場所にデーターから元の状態に戻す」方法の説明です。

バックアッププラグイン UpdraftPlusでバックアップと復元を行う
ワードプレスのカンタン自動バックアップ方法:UpdraftPlusでGoogleドライブ、Dropboxに保存できる

WordPressのプラグイン「UpdraftPlus(アップドラフトプラス)」の使い方です。バックアップをその都度行う手動でやる方法、自動でGoogleドライブに保存する方法の両方をお伝えします。

続きを見る

ワードプレスのバックアップは2パターンある

同じ復元でも2パターンが考えられます。

  1. バックアップデーターを今のサイト上に復元し上書きする
  2. 別のURLにテストサイトを作っておきたい
  3. ワードプレスをインストールし直して、そこに復元したい

通常は1のパターンです。

2と3のの場合はサイトの引っ越しやテストサイトを作る時、今のサイトのデーターを「複製」という形になります。この場合、UPdraftPlusの有料版が必要になります。

UpdraftClone
15ドル〜89ドル
一時的にテストサイトを作りたい時、24時間、1週間のみなどUpdraftPlusが提供する場所に仮に作成できる
Updraft Migrator
初年度49ドル、次年度以降29.40ドル
サイトの引っ越し、サーバー移行やURLの変更など

UpdraftPlusのデーターから復元する場合

「ワードプレスのバックアップデーターをUpdraftPlusで復元する」手順は次の3ステップです。
※UpdraftPlusでバックアップしていることが前提です。

  1. UpdraftPlusの管理画面から、バックアップする種類を選択
  2. 復元するボタンを押す
  3. 「Restore Successful!」が出たら無事終了

ここではバックアップをとったワードプレスを同じワードプレス上に復元するケースです。元のワードプレスと復元した後のワードプレスはURL(ドメイン)は同じである前提です。

step
1
バックアップデーターを確認

ワードプレスの左メニューから「設定」「UpdraftPlus Backups」を開き、タブメニューから「Backup/Restore」を選択。

それまでバックアップしたリストが見えます。
もしGoogleドライブやDropboxなどにバックアップをしている場合は念のため「リモートストーレージを再スキャン」をしておきましょう。

そのページの中ほどの「バックアップ済み」の下にテキストリンクがあります。

新しいバックアップの為にローカルフォルダの再スキャン
リモートストーレージを再スキャ

サーバー上だけに保存している場合は「新しいバックアップの為にローカルフォルダの再スキャン」をしておきます。

step
2
「復元」ボタンをクリックで実行

復元したいバージョンのバックアップの横にある「復元」ボタンを押すと確認ウィンドウが表示されます。復元したいデーターにチェックを入れてください。

updraftplusからワードプレスを復元する1

step
3
復元したいデーターをチェック

updraftplusからワードプレスを復元する2

+ 「復元前に知っておくと便利な情報を得るには…」リンク先の概要▼

復元前に知っておくことは何ですか?

ワードプレスの内側からワードプレスを部分的に復元することは常にリスクがあり、そのリスクを極力減らすこと。それが私たちのねらいです。

これは自分でやるツールなので責任はご自身にあります。不安な方はできる人に依頼するとよいでしょう。

心配することはあるでしょうか?

あなたのWebサイトとバックアップデーターが大きくなく(数十MB程度)、バックアップデーターに直接アクセスできるなら、心配はいりません。

知識があれば手動でバックアップもできます

ワードプレスの復元の安全で早い方法は手動( FTPやシェルを使った)で行う方法です。そのためには知識が必要です。あなたにそのスキルがあれば、UpdraftPlusに特別な知識は不要です。

ほとんどの場合は心配はいりません

プラグイン、テーマ、アップロードファイルは自動的に行われます。
UpdraftPlusはデーターを解凍し一度に所定の場所へ配置します。
「more files」アドオンをお持ちなら(有料)、ワードプレスのコアファイル(本体ファイル)もバックアップできますが、完全な自動での復元はできません。

データーベースについて

主なリスクとは、低いスペックのサーバーでデーターベースを復元する時です。サイトの規模が大きいほどリスクも大きくなります。

もし復元中にタイムアウトなどで中断されてしまったら、データーベースは古いものに新しいものが入った状態になっていますのでそのままにしてください。
復元を完了させるためには次のことを行なってみてください:

・もし復元するものが部分的に大きい場合は分けて行なってください。はじめにプラグインを復元し、それからテーマを、そしてアップロードファイルをと、別々に復元してみてください。

これを行なっている途中で復元できたものとできないものがある時ににいろんなエラーがでても驚かないこと。すべてが復元できるまで待ちましょう。

そして(ここ重要です)、データーベースは最後に行ってください。

(プラグインを復元したらそのバックアップにはUpdraftPlusが入っているはずですが、もし復元したプラグインの中になかったとして再度インストールすればOKです)

UpdraftPlus FAQ:
https://updraftplus.com/faqs/what-should-i-understand-before-undertaking-a-restoration/

この画像では5つのデーターがチェックできるようになっていますが、これは先ほど「復元」ボタンを押したバックアップデーターに5つのデーター全て入っているためです。
データーベースだけのバックアップなら「データーベース」のみがチェックリストに表示されます。

「復元」ボタンをクリックします。

「取得(必要な場合)とバックアップファイルの準備…」

バックアップアーカイブファイルは正常に処理されました。今すぐ復元を押して進んでください。

このようなメッセージが出たら右下の「復元」ボタンをクリックして実行します。

 

step
4
「復元」完了を確認

進捗がこのように表示されます。ページの下に小さく「Restrore successful!(復元は成功しました)」と表示されたら成功です!
ウェブサイトを表示して、復元が正しくできたかを確認してください。

updraftplus復元成功しました

復元は以上。問題なくできましたか?
どうです、カンタンでしょ?

バックアップの復元途中でエラーになったら

UpdraftPlusの復元作業中にタイムアウトで止まってしまったり途中でデーターが破損した場合、エラーメッセージをしっかり確認して従ってみてください。

もしそれでもダメな場合、UpdraftPlusのバックアップデーターはプラグインに依存した形式ではなく「zip」とデーターベース用のSQLファイルなので、手動で復元ができます。ぜひ落ち着いて取り組んでみてください。

ワードプレスを新しくインストールしてそこに復元する場合

「ワードプレスをゼロからインストールしてそこに復元する」場合、手順は次のようになります。3以降は上記の流れと同じです。

  1. ワードプレスをインストールし直す
  2. UpdraftPlusをインストール、有効化する
  3. サーバー上にあるバックアップデーターが管理画面から見えることを確認
  4. 復元するデーターを選択
  5. 復元するボタンを押す
  6. 「Restore Successful!」が出たら無事終了

ワードプレスをインストールする

ワードプレスをインストールします。同じ場所にインストールするように注意してください。
インストールにはレンタルサーバーの「WordPress簡単インストール」機能を使うとラクです。

タイトルやパスワードなどは復元時に上書きされるので何でも構いません。ただ管理画面にログインする必要があるのでログインID/PWはメモしておきましょう。

プラグイン「UpdraftPlus」をインストールする

インストールしたら管理画面にログインし、プラグインページを開き「プラグインを追加」「UpdraftPlus」を検索しインストールして有効化しておきます。

updraftplusをインストールして有効化

 

バックアップデーターを読み込む

管理画面の「設定」>「UpdraftPlus Backups」でUpdraftPlusの管理画面を開くと
タブメニュー「Backup/Restore」のページになります。

サーバー引っ越しやテストサイトを作る場合は、バックアップデーターをインポートする作業が必要です。

「データーベース」「プラグイン」「テーマ」「アップロードファイル」「その他」のボタンをクリックするとダウンロードできます。


UpdraftPlusでフルにバックアップするとファイル末尾が以下のもの5つになります。復元にはフルのデーターを使います。

  • 〜_uploads.zip → 画像などメディアに入るファイル
  • 〜_themes.zip → テーマのデーター
  • 〜_Plugins.zip →プラグインのデーター
  • 〜_others.zip →「wp-content」フォルダ内のデーター
  • 〜_db.gz → データーベースのデーター

 

ダウンロードしたら新しいワードプレスの「UpdraftPlus」の管理画面にゆきます。「Backup/Restore」タブページの中くらいに「バックアップ済み」の見出しがあります。

その下の「バックアップファイルをアップロード」というテキストリンクをクリックするとこのようにデーターを読み込む画面が開きます。
ドラッグアンドドロップかファイル選択でデーターを読み込みます。

updraftplusのバックアップデーターのインポート
このようにバックアップデーターが見えればOKです。

updraftplusバックアップリスト

バックアップ元のワードプレスと別のドメイン・URLに復元したい場合の準備はここまでです。

復元にはバックアップデーターの横にある「復元」ボタンをクリック。サイトの規模が大きいほど、この時間はかかります。

最後に「Restore Successful!」のメッセージが出れば成功です。サイトを確認してみてください。

まとめ

プラグイン「UpdraftPlus」を使ったバックアップ復元はかなりカンタンです。

数年前はおそらくメジャーだった「BackWPup」での復元はもっと複雑なんですよね。知識があってその操作に慣れている方以外は「UpdraftPlus」の方が便利です。
インストールされているサイト数も多く更新も頻繁にされているので安心です。

バックアップと復元の方法は両方セットで抑えておくと安心ですので、まだの方はこちらもぜひブックマークしておいてください。

 

SNSやブログをもっと効率よく成果につなげませんか?
売れている起業家が必ず使っている、
ランディングページを使った『伝えるしくみ』の作り方
その動画レッスンを『期間限定』で無料公開します。

ワードプレス集客で抑えて起きたい11のリスト 1

この記事ではワードプレスを集客に使いたい個人起業家の方へ「11個のやるべきチェックリスト」をお伝えします。ワードプレス集客の方法や失敗しないコツも合わせてご紹介。

2

ブロ子ワードプレス初心者なんだけど、どんなプラグインをいれたらいいの?たくさんありすぎて、何を選べばいいのか全然分からない。 あなたはワード ...

ワードプレスのおすすめテーマ 3

ワードプレスの中でテーマは非常に重要です。なぜならサイト全体の外観や、記事画面のメリハリ、運営の利便性に大きく影響するからです。 公式サイト ...

-プラグイン
-

© 2020 KAORI CREATIVE - 竹花 香