投稿先:

意外と気づかないスマホでのFacebookカバーの画像切れ

Facebook仕様はすぐ変わる。大切な情報は安全範囲に!

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

Facebook(フェイスブック)は仕様は
しょっちゅう知らないうちに変更されます。
気づいたら想定外の状態が起っていたりします。

Facebook個人アカウントのカバーを
モバイル(スマートフォンアプリ)で見ると
少し前まではアイコンは左側に
表示されていたのが最近は中央に移動。

Facebookページは従来通りアイコンは左付け。
個人アカウントだけが変わったようです。

▼個人アカウントとFacebookページではアイコンの位置が違います
personal-page
ということは
それまで見せていたものが
隠れてしまっている可能性があることと

そしてそもそもモバイルでは
Facebookカバー画像の両サイドが
かなりカットされます。

設定する時はパソコンで行うことが多いはずですから
そのときの見た目だけで作ってしまうと

顔が切れてる、文字が切れて読めない!

なんてことになりかねません。

なので

どのデバイス(機器)で見ても
表示される安全圏を見るために検証しました。

 

Facebookカバー 各機器からの見え方比較

▼「大事なものを置いちゃ行けない」エリアをグレーにした検証用のカバー。
test-cover

実機のキャプチャがとれた画面だけを代表して掲載。
(それ以外は Chromeのエミュレーターで確認したところ大差は無し)

▼パソコン
名前が表示されるエリアは黒いグラデーションが加わりますので、画面下側も「グレーエリア」としています。
(グレーエリアから少し名前が出ちゃったので後で面積調節)
pc_cover

▼ iPhone5
両サイドのグレー部分はキレイに隠れています。
iphone5 Facebookカバー

[関連記事]  常識を覆す視点で書こうーシェアされブログに人を呼ぶためのヒント

▼ iPhone6
iphone6 Facebookカバー

▼ iPad Air 2
iPadAir2 facebookカバー

【画像提供】ご協力ありがとうございました(๑•ᴗ•๑)♡
iPhone6 :
”五感でパンと食のしくみを科学する” 「実験パン職人」実穂 つなこさん
iPad Air2:
テディベア作家 椎名 咲奈恵さん

おわかりでしょうか。

PCでは見えるその両サイドエリアは
モバイルでは切れて隠れてしまいますね。

人物の顔を並べている方、
メッセージやコピー(文章)を
画面いっぱいに入れている方は要注意です。

 

まとめ

1.Facebookカバーのサイズは
横851ピクセル 縦315ピクセル
公式ヘルプセンターより)

2.両サイド 142ピクセル、下から105ピクセルの範囲には人の顔、文字など大事な情報は置かないこと

※ご自分のセミナーの集合写真をカバーにしている方は要注意!お客さまの顔をぶった切ってしまっているかもしれません。

 

 

▼参考数値を入れたテンプレートがこちら:
Facebookカバー サイズ

[関連記事]  アメブロをビジネスブログとして使い続けるリスク

▼PCでみたらこれくらい左右と下に空きを持たせた画像がモバイルではちょうどいい状態です。Facebookカバー

▼iPhone6   ね?
iphone6 Facebookカバー

 

sakuraプレゼント♡

このFacebookカバー検証にご参加(いいね!やコメントなど)いただいた方の中で、ご希望の方にはこのテンプレート画像(PNG)をプレゼント!!

1. PNG (白い部分は透過になってます)
2. Photoshopデーター(レイヤーを使って確認ができます)

ご希望フォーマットをFacebookのメッセージで教えていただければお送りいたします。
できましたら、この記事をシェアいただけるとうれしいです。

プレゼントテンプレート

関連記事:
Facebookカバーの滲みが汚い!キレイに見せるファイル形式

その他のおすすめ記事

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket


この記事を書いた人

竹花 香
ファン創造WEBプロデューサー。大中規模企業のWEBサイト ディレクション、デザインで伝えたいことを具体な形にする役割を担う。
メッセージ、面白いアイディアなど「まだ形になっていない見えないもの」の、見える・伝わる表現を探し出すことに熱が入る。そこが自分の使命であり、プロとしてのスキルでもある。基本はウェブ周り。
【好きなもの】ネコ、犬、絵、クロッキー、五平餅、牛皮、メロン、ラ・コルベリーヌのクルミ入酵母パン「ノア」、 エンタメ、青森ねぶた、映画。