メルマガ配信サービスMailChimp

MailChimpでタグを作る方法ーメールの条件設定にも使える

2020-03-22

この記事ではMailChimpでタグ(Tag)を作る方法を解説します。
MailChimpのTag(タグ)とはラベルみたいなもので、メールアドレスの識別や分類などに使います。それによってメール配信の条件をより細かく設定でき、メルマガ読者に最適なメール内容を送り分けることが可能になります。

この記事がおすすめの方

  • MailChimpで条件を細かく設定してメール配信したい方
  • 他社からステップメールをインポートする際に謝って2度ステップメールに送らないようにする設定をする方

タグは、他社で使用していた登録リストをインポートする過程でも作成できますが、この記事のように先に作ることもできます。先に作っておくと各設定箇所で選べるようになるので、私は便利に感じました。

これまでのMailChimp関連記事はこちら

MailChimpとは何?という方はこちらをどうぞ。

MailChimpにログイン

MailChimp のサイトに行き、ログインします。

タグのページへアクセス

Tagのページにアクセスする

「Create Tag(タグ作成)」をクリック

タグがすでに設定されている場合は、一覧が表示されます。(これから作る方は何もありません)

MailChimp タグづけする

タグ名を入力

英数、半角文字で作成してください。日本語は入りませんでした。自分が分類に見てすぐ識別しやすい短めの名前がいいでしょう。

ここではオートビズから乗り換えをしているとします(オートビズさんすみません)。オートビズから書き出し(エクスポート)したリストに「autobiz」というタグをつけてインポートすることにします。

mailChimpでタグを作る

 

タグのリストに作成したタグがあるか確認

タグ一覧に作成したタグが追加されました。MailChimpでタグが作成された

これで、例えばメール配信の設定条件でタグを対象にする場合、タグ一覧の選択肢に表示されるようになります。

補足:ログインしてTagページにアクセスする方法

  1. ヘッダーナビの「Audience」をクリック
  2. Audienceページを開き、Current Audience(現在のオーディエンス)に、該当するリスト名(Audience)が選択されている事を確認。
    そうでなければプルダウンメニューから選びます。
  3. 右側の「Manage Audience」から「Manage Contact(メールアドレスを管理)」を選択
  4. Audience の Manage Contact ページから「Tags(タグ)」のリンクをクリック。
  5. Tagページが開きます。

まとめ

以上、MailChimpでのタグの設定方法でした。

特に他社から登録リストをMailChimpに取り込む(インポート)する際にタグづけをすることで、インポートされた時点でmailChimp側のステップメールが配信されてしまうことを回避することができますので、活用してください。

MailChimp記事一覧はこちら

メルマガ配信サービスMailChimp
ステップメールを他社からMailChimpへ乗り換えする手順

メール配信スタンド「MailChimp(メールチンプ)」に乗り換えしたい。 移行した読者リストに誤ってMailChimpからステップメールを ...

メルマガ配信サービスMailChimp
MailChimpでステップメールを設定する方法

この記事ではMailChimp(メールチンプ)でステップメールを設定する手順を説明します。 MailChimpでは無料プランでもステップメー ...

メルマガ配信サービスMailChimp
【動画付】MailChimpでテンプレートをデザイン作成する方法を解説

この記事では、MailChimp(メールチンプ)で「Design Email」=メールの画面デザインを行う方法について解説します。通常のメー ...

必要とされる集客ブログを作るメール講座
ワードプレスを作っただけで精一杯…そんな女性起業家の方へ。
あなたを必要とする人へ届ける集客ブログづくりのメールレッスンを配信。ワードプレスの講座のお知らせも。



-メールチンプ

Copyright© KAORI CREATIVE , 2020 All Rights Reserved.