えっ、技術だけじゃダメ?

マーケティング 経営・シゴト

技術を磨けばお客さまが来るわけではない!手に職の人こそ集客を学ぼう

投稿日:2016-04-06 更新日:

※Facebookの投稿をリライトしています。

手に職をもつ人、つまり技術職系の人は腕を磨けばなんとなると思ってしまう傾向にあります。

かつての自分もそうでした。
ただでさえ日進月歩のWEB業界は、技術や専門分野が多岐にわたり、一人がすべてを身につけるなど不可能なんです。
だから何をどう深めていけばいいのか?これが悩みどころでした。

組織から離れフリーランスになって、スキルはあるし自信もあるのに、集客が上手くいきませんでした。
専門技術を身につけることだけしか考えていなかったのです。

お客さまが来ることとと、
技術を磨くことは別であることを知らなかったのです。

自分の価値をきちんとお客さまへ届けていないと、
お客さまは選びようがありません。

そのためのソーシャルメディアやブログの発信なのです。

私の場合、WEB系の人たちは当然WEBに強いので、すでに発信されているWEB情報ブログやメディアはたくさんあるんですね。

そんな中で自分はどんな方向性と立ち位置で発信してゆけばいいか見えず、そのため、ブログがなかなか立ち上げられませんでした。

発信自体は多くの人がすでにやっていることです。
やってすらいなければ、存在が無いと同義語になってゆくでしょう。

ソーシャルメディアは基本として、自分の情報発信をしていきましょう。仕事内容によってソーシャルメディアを選定していきます。

あなたがもし、すでに個人起業家としてすでに事業を動かしているのであれば、ブログも始めましょう。あなたの事や思いをお客さまへ届け、お役に立てるあなたであることを見せていきましょう。

 

スキルやメニュー、資格を並べるのはやめよう

だから、いろんなセミナーやスクールで技術を磨くこともよいけれど、集客の勉強は別に必要なのです。

メニューを並べたり資格を羅列したところで、印象に残ることはないでしょう。

似たような資格や肩書きの人と
スペックや価格で比較されるだけです。

あなた独自の位置を築くためには、
自分自身と向き合い、本当にやりたいことを掘り下げてゆき、
理想のお客さま提供するサービス、
この二つを狭く絞っていくこと。

それによって、万人向けではなく理想のお客さまに向けた発信の方向性が絞られて来ます。

 

お客さまへ届けるための発信情報は2種類

ソーシャルメディアではあなたを信頼していけるように、お客さまとコミュニケーションができる場です。信頼してもらえる内容を出していきましょう。

1. あなたの専門家としての姿

  • あなたの仕事のこだわる部分
  • あなたがなぜその仕事をしているのか
  • あなたのサービス(商品)がなぜ、いいのか
  • あなたのお客さまの声、実績

2. あなたの人となりの姿

  • あなたがふだん考えていること
  • あなたが好きなこと
  • あなたの仕事に取り組む様子
  • あなたが何かを楽しんでいる様子

この2軸、どちらも必要。どちらが欠けてもいけません。

技術屋さんは、プロとしての専門的内容に集中しちゃう傾向にありますが、
あなた自身の「人」を見せていくことも、実は同等に大事なことです。

なぜなら人は人のファンになるものだからです。

人としての魅力、専門家としての信頼性。
この2軸での発信を試みてください。

まとめ

技術を磨き続けるだけでなく、集客スキルも身につけること。
そのためには大前提としてのソーシャルメディアとブログは、あなたの価値をお客さまに届けていくためのツールです。
上記のような2つの軸を意識して、言葉で表現していってください。

きちんとていねいな発信をしていけば、
メッセージは届くはずです。

はじめは試行錯誤でいいのです。
黙って他人の投稿を眺めていず、
自分を自分の言葉で伝えて行くことを始めていきましょう!

 

 

 

関連記事

ソーシャルメディアは毎日の投稿が基本!でなければ埋もれて行く
SNSで売り込まずにビジネスをアピールする3つのポイント
ソーシャルで発信力を磨く!日常的な内容を惹き付ける投稿へ変えるカンタンな方法
フェイスブックとブログ、どう使い分ける?特性を知ろう!

-マーケティング, 経営・シゴト
-, , , ,

Copyright© KAORI CREATIVE , 2018 All Rights Reserved.