投稿先:

SNSで売り込まずにビジネスをアピールする3つのポイント

ソーシャルメディアは個人と個人がつながる場所。個人として発信しよう

ビジネスをソーシャルでどう伝えて行くか© by Jack Moreh
LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

ビジネス目的をメインにソーシャルメディアを使っていて、
世間話は反応がいいんだけど、仕事の話になるとスルーされる。。。。

個人同士がつながるソーシャル上でビジネスの面をどう発信していくかは、
個人起業家さんや個人事業主さんにとって
大きな悩みどころだと思います。

日々の出来事や、食べたものの話は当たり障りがないし、
キレイな写真、美味しそうなものや面白い話題は
単純に「いいね!」がつきやすいですからね。

仕事の話でスルーされてしまう原因の一つに、
唐突な売り込みに見えるということがあります。

普段はたわいもない日常の話題だけで、急に
「◯◯ならまかせてください」
「こういう事をやっています。ぜひきてください」というと
突飛すぎて宣伝じみて見えてしまいます。

あなたを専門家として知っていただくためには
ソーシャルの性質を理解し、
お客さまの段階に応じた発信していきましょう。

※発信とは、ソーシャルメディアと自分のブログでの投稿を指しています。

 

1. ソーシャルメディアを売り込みする場所だと思わないこと

ソーシャルメディアはお客さまと関係を作る場所であり、売り込みする場所ではないということです。

[関連記事]  商用OK画像を探す方法(1) 写真画像共有サイトFlickr編

ソーシャルでは、あなたを知ってもらい、共感と信頼を得ることを意識していきたいですね。

※お客さまというのは既存客だけでなく、
あなたの投稿やブログを見る潜在的なお客さますべてを指します。

 

2.ソーシャルメディアは個人同士がつながるもの。
あくまでも「この仕事をしているあなた」個人として発信すること

会社のアピールや仕事のアピールではなく、
その仕事をしている「あなた」を見せてください。

ソーシャルで繋がっているお客さまはあなた個人と繋がっているのであり、お店や会社ではありません。
お店の話ではなく、そこに勤務/経営しているあなたの言葉が知りたいのです。

あなた個人として考えるなら:

・なぜその仕事をしているのか?
・なぜし続けられているのか?動機は何か?
・その仕事で得られる喜びは何か?
・その仕事で苦労するところは何か?
・その仕事でもっとも衝撃的な経験は?
・その仕事をやめようと思ったことは?
・その仕事でお客さまがどう変わり、それをあなたがどう感じて見ているか?

…などなど、あなた個人のストーリーがたくさんあるはずです。

義務感だけで仕事は続けられませんよね?
あなたを突き動かすものがあるはずです。

そこを少しずつ、ソーシャルやブログで見せていってください。

人は何をではなく、何故に共感するもの。

「なるほど」と思えれば、
あなたの次の発信に興味を持ってくれます。

それを突き詰めたものは、
あなたが社会に対して存在する意義=「ミッション」になります。
かたまったらブログの固定ページに記載しておきたいですね。

集客方法を学ぶ前に!ビジネスの軸を定めよう

 

3. お客さまの段階に応じた発信をする

当たり前ですが、初めはお客さまはあなたのことを知りません。
なのでまずはあなたの存在を知ってもらうこと。
つそのためにはあなたの露出、認知を高めていくことが重要です。

[関連記事]  ソーシャルメディアのファン創り(1)スタバとタリーズの Facebookページ比較

タイムラインもたくさんの投稿が流れて来ます。
その中で数日に一回の投稿では、あなたの存在を覚えてもらえない。
生活と同じように毎日投稿したいですね。

あなたの専門家としての考えや視点を少しずつ出しながら、
「こういうことだったらあなた」という
信頼を得てください。

そのためには背景知識のない人に対して
内容を分解し、かみ砕き、お客さま目線で発信してください。
 

まとめ

ソーシャルメディアでは一方的な売り込みは厳禁。

ここでは お客さまと仲良くなることが大切。

あなたを専門家として認知してもらい、
その内容に共感してもらうこと。

そのためには正論だけではなく、
あなた自身の考え、「なぜ」そうしているのか、
「なぜ」これが良いのか、
あなたの視点を入れた、あなたの個の言葉。

それらを出しながら、まずは
専門家としての信頼を得ることを目指していくことです。

わたしも日々、研究中です。

ぜひ、お互いがんばりましょう! ✧\\٩( ‘ω’ )و//✧

関連記事:
Facebookページのリーチ数低迷に見る「人感」発信の重要性

その他のおすすめ記事

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket


この記事を書いた人

竹花 香
ファン創造WEBプロデューサー。大中規模企業のWEBサイト ディレクション、デザインで伝えたいことを具体な形にする役割を担う。
メッセージ、面白いアイディアなど「まだ形になっていない見えないもの」の、見える・伝わる表現を探し出すことに熱が入る。そこが自分の使命であり、プロとしてのスキルでもある。基本はウェブ周り。
【好きなもの】ネコ、犬、絵、クロッキー、五平餅、牛皮、メロン、ラ・コルベリーヌのクルミ入酵母パン「ノア」、 エンタメ、青森ねぶた、映画。