投稿先:

「売り上げ低いから」という人ほど青色申告を!

青か白か、それが問題だ

青色申告白/色申告
LINEで送る
Pocket

「私はあまり売り上げがないので白色にしています」という方がたまにいますが、そういう方こそ、選びましょう。青を!

そもそも確定申告とは

「これだけ所得がありました。
経費はこれだけかかりました。
なので私が払う税金はこれくらいですよ(ね?)」

ってものです。

所得と税金は、もともと自己申告する制度なんですよね。
会社員の方は、それを会社が変わりにやっているというだけ。
なので、自営業になったら本来の姿になったというイメージ。

青色申告がつい自営になって間もない人に避けられる理由は
帳簿の記帳法が複雑だからということが大きいんじゃないかと。

確かに青色は複雑な複式簿記での記帳が必要。
もしかして「本格的なビジネスの売り上げが出るようになったらやるもの」
というイメージを持っていないかしら?

所得300万円/月の場合には記帳義務がなかったのは平成25年まで。
しかし生成26年から300万円未満でも記帳と帳簿などの書類保管義務が
発生しているので白色にしているメリットはあまり無くなってます。
そのイメージを引きずっている人もいるかもしれませんね。

青色申告を怖がらず。メリットはあるんですよ。

利益から65万円を無条件に控除できるとか、赤字を繰り越せるとか、30万未満の資産(パソコン等)を取得したら購入金額を一度に経費に出来るなどなど。
節税なら青色のほうができるはずです。
検索すればいろいろ見つけられると思うので、調べてみてくださいね。

ただ注意したいのは、よっしゃ!って急に思い立って
この2月に申告分(H27年度分)を青色に切り替えようとしても、
税務署で受け付けてもらえません。

青色で申告する年の3月15日までに
「青色申告承認申請書」を提出していないといけないです。

今まで白色をやっていた方で、今年の申告=来年H28年2月から青色にしようと思うなら、2016年の3月15日までに税務署に申請書を提出しておきましょう。

私の場合、本業含めて3種類の所得があるため、一度自力でやったけどずっと正しく記帳しつづけることは非現実的だと判断し(笑)、今は税理士さんにまかせています。

一種類の収入なら、自分でもいけるはずですよ。

今なら使い勝手の評判がいい会計ソフトがオンラインにありますよ。

feee
https://www.freee.co.jp/

青色申告ガイド(経営ハッカー)
http://keiei.freee.co.jp/aoiroshinkoku-guide/

[関連記事]  自分の才能を知り、適性にあった生き方・仕事をするためのセッション

…ということで、もしまだ白色のかたは、
すぐに「青色申告承認申請書」を出すことをおすすめします!

LINEで送る
Pocket


この記事を書いた人

竹花 香
ファン創造WEBプロデューサー。大中規模企業のWEBサイト ディレクション、デザインで伝えたいことを具体な形にする役割を担う。
メッセージ、面白いアイディアなど「まだ形になっていない見えないもの」の、見える・伝わる表現を探し出すことに熱が入る。そこが自分の使命であり、プロとしてのスキルでもある。基本はウェブ周り。
【好きなもの】ネコ、犬、絵、クロッキー、五平餅、牛皮、メロン、ラ・コルベリーヌのクルミ入酵母パン「ノア」、 エンタメ、青森ねぶた、映画。