投稿先:

初めから上手に出来る人なんていない。ドリームキラーとうまく付き合おう

新しいことを始めるときはゼロからのスタート。出来ている人を見つめすぎて落ち込むな

dream killer© by base illustration: cdd20
LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

新しいことを始めるとき。
自分が新しい道を通ろうと何か決意をしたとき、
かならず不安がつきもの。

その道の先をいく人たちを眺めては

「私はあそこまではムリじゃないだろうか?」
「何も実績が無いし…人が信用してくれるだろうか」
「お金も今無いし…」

と、不安定な気持になったり、自信を無くしたり。

でもどんなプロであろうと
かなず開始の時点があり、実績ゼロからのスタートです。
初めから出来る人なんていません。

頭では分っているけれど、
これまで歩んだことがない新しい道を歩む時、
どうしても心細さと不安にかられますよね。

 

夢を反対する人たち

「ドリームキラー」とは、
脳科学者の苫米地さんが作られた言葉で、
夢や目標を壊す人のことだそうです。

新しいことを始めようとすると、
身近な人から反対されることがよくありますね。

ご両親やパートナー、友達などが、
「心配だから」という理由をつけて
あなたに反対してきます。

[関連記事]  重ね煮料理体験で知る「軸」を持つ大切さ

根底の理由は、
「あなたに変わって欲しくないから」。

でも、あなたの人生はあなたのもの。
自分勝手でいいという意味ではなく、
あなた自身の舵取りは、あなたがするしかない。
あなた以外に責任をとれる人はいないんですから。

形にならないうちは、
やたらめったら公言しないほうがよい場合もあります。
不安定な状態の時は周囲の意見に影響を受けやすいからです。

ブログ「引き寄せの法則」で、
ドリームキラーへの面白い対処法が書かれています。


レベル1:抵抗せずに、ドリームキラーをやり過ごす

レベル2:ドリームキラーが現れたことを感謝する
レベル3;ドリームキラーの言い分を大げさに肯定する
→ 引き寄せの法則  http://tabinootomo.com/bible018/

レベル1
理解をしてもらおうと説得しようとするのはやめたほうがいいということです。
やるべきことにエネルギーを集中できるよう、自分を守ることも大切。

レベル2
自分が変わり始めているので周りが反応しているということ。それを受け止めましょうということ。やっかみで反対や批判をする人もいますからね。

レベル3
「陰極まれば陽になる」で反論者をとことん突き詰めて肯定していくと、不思議なことに応援者に転じてしまうことがあるとのことだそう。
理解をしてもらおうと説得しようとすると
反論をうけ、エネルギーを消耗します。

すると影響を受けて
自分自身が自分のドリームキラーになってしまいます。

「やっぱり、できないんじゃないか?」

不安定で傷つきやすい時期に
ネガティブな意見をまともに受けないよう、自分を守る意識が必要です。
ソーシャルメディア断ちも一つかもしれません。

[関連記事]  本気で自分を変えたいなら覚悟を決めて腹をくくろう

 

腹をくくろう

私自身、だいぶ後になって気づいたことですが、
「決めず」にものごとを進めていることが多い自分でした。

曖昧にしておくことで
“どちらにも振れる”状態への安心感があったのだと思う。

でも、それでは本当の意味で
今の自分から抜け出せない。

新しい自分になろうとするならば、
腹をくくる。覚悟をするってことです。

後に引けない自分にすることも一つです。
決めちゃったんだからやるしかない。
やるべきことに集中できます。

まとめ

芝生
モノゴノの始めと初めはゼロである。

始め/初めから立派な実績がある人などいないのです。

上手くいっているようでも、蓋をあければ
葛藤を抱えながら、悩みを抱えながらやっている。
根底にあるコンプレックスの裏返しが原動力の人もいるでしょう。

人生には山も谷もある。
100%順風漫歩なんてありえません。

隣の芝生は青々として見えるものなのです! 

たまたま目に入る他人の山の部分だけ見つめて
うらやんでも不毛。

あなたは、喜んでもらえるお客さまをもっと増やそうと決意し、今までの場所ではなく新しいスタート地点に立ったのですから、積み上げはこれからやって行くのです。

好きで得意な部分は伸ばしてゆき、
足りないと思う部分は磨いていけばいい。

ネガティブな意見に振り回されている時間はありません。

あなたが今すべきことに集中しましょう。٩(*`ω´*)و

その他のおすすめ記事

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket


この記事を書いた人

竹花 香
ファン創造WEBプロデューサー。大中規模企業のWEBサイト ディレクション、デザインで伝えたいことを具体な形にする役割を担う。
メッセージ、面白いアイディアなど「まだ形になっていない見えないもの」の、見える・伝わる表現を探し出すことに熱が入る。そこが自分の使命であり、プロとしてのスキルでもある。基本はウェブ周り。
【好きなもの】ネコ、犬、絵、クロッキー、五平餅、牛皮、メロン、ラ・コルベリーヌのクルミ入酵母パン「ノア」、 エンタメ、青森ねぶた、映画。