投稿先:

リストをインポートする-MailChimpでメルマガを始める

MailChimpでメルマガを始める
LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

この記事は、このような方向けに書いています

海外のメルマガ配信サービス「MailChimpでメルマガを始める方
MailChimpの設定方法が知りたい方

米国のメルマガ配信サービス「MailChimp(メールチンプ)」を使う方のために、アカウント開設から運営の方法まで、シリーズで順を追ってご説明しています。
この記事では、リスト枠を作成したら次に行う「リストのインポート」法をお伝えします。

リストを作成するーMailChimpでメルマガを始める

MailChimpにログインする

1. MailChimpのサイトにアクセスし、ログインします。

2. 画面上のメニュー「List(リスト)」をクリック。

3. 作成した「リスト枠」が表示されていることを確認し、右はじのボタンを押すと表示されるメニューの中から「Import(インポート)」を選択。

リストをインポート1ーMailChimpでメルマガを始める

4.  インポート方法を選択します。

Where do you want to import contacts from?
(どうやってリストを取得しますか?)

リストをインポート2ーMailChimpでメルマガを始める

CSV or tab-delimited text file
Import contacts from .csv or .txt files
CSV形式ファイル、またはタブ区切りのテキスト形式ファイル

※お使いのメルマガシステムでエクスポートされる形を選んでください。
文字コードは<UTF-8>が良いようです。

Copy / paste from file
Copy and paste contacts from .xls or xlsx  files
エクセルファイル(拡張子 .xls、.xlsx)からコピペする

Integrated service
Import contacts from services like Google Contacts, Salesforce, Zendesk, and more.
Googleコンタクト、セールフオース、Zendeskなどの外部連携サービスからインポートする

CSVファイルをインポートする

リストをインポート3ーMailChimpでメルマガを始める

1. 「Browse(参照)」ボタンを押してファイルを選択します

(※事前にCSVファイルを用意しておくことが前提です。)

2. 「リスト数が現在のプランの上限を超えたら、自動的に上位プランにアップグレードされることを了承する」チェックボックスにチェックします。

I understand that my billing plan may be automatically upgraded.
(「リスト数が現在のプランの上限を超えたら、自動的に上位プランにアップグレードされることを理解しました」
※以下翻訳のみ。
リストをインポートした結果、あなたのお使いのプランの上限を超えた場合、メールを送る前に上位の支払いプランに変更が必要です。
元のプランに戻したい場合は、インポート履歴から削除(Undo)を行ってください。
ーMailChimp 「Import from CSV file」より

3. 画面右下のブルーのボタン「Next step: Match(次のステップ:適合させる)」をクリックして進みます。

4. Import Contacts(連絡先をインポートする)

リストをインポート画面で、名前、メアドなど各項目とカラムの名前がマッチしているかを確認します。

Import Contacts
リストをインポートする

補足のサポートページ: Import Subscribers to a List

リストをインポート4ーMailChimpでメルマガを始める
「3 unmatched columns」
3つのマッチしないカラム(項目)があります

上記ではこのようにアラートが出ました。
上記のように色のついたラカムで表示されますので、項目名とインポートされた情報を合わせてゆきます。

カラムの編集方法

Edit(編集)を押して調整をしてゆきます。
「Skip」はインポートしない不要な項目は「Skip」になります。

例えば「名前」は必要な項目ですが合わないと出た場合、「項目名」を確認し(違えば名前を新たにつけます)、Field Typeでは項目のタイプを選択します。
「名前」の場合はNameを選択。
リストをインポート5ーMailChimpでメルマガを始める

そうしてすべて調整ができたら、このような表記がでます。

「All columns are matched. Click “Next” below to finish.」
(すべての項目が合いました。「次へ」のボタンを押して完了してください)

ページ右下に「Next  Step:Review」ボタンが押せるようになります。

5.  「You’re all set to import!」インポートはもう少しで完了です!

リストをインポート6ーMailChimpでメルマガを始める
Categorize the imported contacts as:
インポートした連絡先(リスト)を分類します。

他社からMailChimpへ移行するためのインポート作業の場合は、一番上の「Subscribed(購読)」を選択のままでOKです。

Subscribed
Regular subscriber addresses
購読者リスト(通常の購読者のアドレス)

Unsubscribed
Suppressed or blacklisted emails that will be unsbscribed from your list
配信停止を希望したアドレスや迷惑メールの報告など、ブラックリストとして解除した元購読者リスト

Cleaned
Addresses that have bounced too many times and have been removed from your list
除外リスト
何らかのエラーで送信者に戻された事が多いため削除したアドレスのリスト

6. 上記のカテゴリーを選択したら、
ページ右下のブルーの「import」ボタンをクリック。

※リスト数によっては時間がかかりますので少し待ちます。

7.  インポートが完了しました。

『Your import is completed!』
更新ボタンを押して、リストの表を確認してください。

リストをインポート7ーMailChimpでメルマガを始める

8.  リスト表を確認してみます。

リストの数が合っているか?項目(メアド、名前、住所、など)は正しく入ってるか?チェックします。

リストをインポート8ーMailChimpでメルマガを始める

このテストで行ったインポートは、「名前」の項目が抜けていました。

4. インポートが上手くいかなかった場合

この場合は、もう一度やり直しましょう。

Manage contacts > Import history >

インポートしたCSVの右側の「UNDO」ボタンを押して削除します。
(Undoには少し時間がかかります。)

削除したら、再度やり直してください。

MailChimpへのリストインポートの説明はこれで終了です。

 

 

MailChimpでメルマガを始めるワークショップ開催します

その他のおすすめ記事

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket


この記事を書いた人

竹花 香
ファン創造WEBプロデューサー。大中規模企業のWEBサイト ディレクション、デザインで伝えたいことを具体な形にする役割を担う。
メッセージ、面白いアイディアなど「まだ形になっていない見えないもの」の、見える・伝わる表現を探し出すことに熱が入る。そこが自分の使命であり、プロとしてのスキルでもある。基本はウェブ周り。
【好きなもの】ネコ、犬、絵、クロッキー、五平餅、牛皮、メロン、ラ・コルベリーヌのクルミ入酵母パン「ノア」、 エンタメ、青森ねぶた、映画。