投稿先:

格好よくても伝わらなければ意味がない!お客さまに届く表現を使うべし

お客さまとのコミュニケーションなのか、ファッションなのか?

© by kaori creative
LINEで送る
Pocket

先日、ちょっとパソコンワークをするために「ホノルルコーヒー」に入り、アサイ・スムージーを注文。差し出されたカップを手にしてふと目にしたら、カップにメッセージが。

Have a nice day(良い日を)

こういう手描き風のデザインに見えました。
この文字が印刷されたメッセージかと思いきや、

よく見たらスタッフによる
マジックで書かれたメッセージだった。

「良い日を」なんて
手描きで英語のメッセージ付き。

おしゃれです。
カッコいいです。

でも、これ、ちょっと伝わりにくいなあと思います。

まず第一に、なぜ英語なのでしょうか?

ホノルルは英語圏だからでしょうか。

アルファベットって、単純な文字の形で
記号に見えるのでデザイン的にかっこつきやすい。

それと横文字は「欧米文化」な香りがしますので、
どうしても

進んでいる
カッコいい
オシャレ

なイメージがあるのですね。

しかし、
ここは横浜市都筑区池部町の田舎にできた、ららぽーと横浜の店。

ここが六本木あたりならいいんでしょうけど、

これ、ぱっと見で
「スタッフからのお客さまへのステキな心遣いのこもったメッセージ」と分る人、どれだけいるでしょうか?

まあ、私も気づいたので、気づく人はいると思いますが、
伝わりにくいです。

 

ホリスターもなかなかストレスなコミュニケーション法を押し付けていた

holister-brand
同じららぽーと横浜内に、関東圏に5店舗しかないHOLLISTER(ホリスター)というアメリカン カジュアルのお店があります。

[関連記事]  起業家必見!ブログに使ってる画像、大丈夫?知らぬ間に犯す著作権法

この店舗が開店したときはかなりの長蛇の列でした。
私も開店当時にのぞきました。

このブランド店舗共通の演出なのだと思いますが、

→ ムード演出のために店内は暗〜い照明。
服の色が正しく分らない!

店内中、強烈な濃度の香水でプンプン。
香水は好き嫌いがある。人口の香りを演出に使うってどうなの?

 店員のお客さまへの呼びかけが、
WHAT’S UP?(どう?)

英語での挨拶をふられました。
戸惑わせますね〜
お客はどう返したらいいでしょうか?^^;

・・・

ブランドコンセプトに基づいたイメージ演出は結構なんですが、
ホリスターにもホノルルコーヒーにも共通しての疑問は、

それで何をお客さまに
提供しているのでしょうか。

お客さまとのコミュニケーション?

ヨーロッパの人に英語でメッセージ書くのとは
意味ちがいますから、
素直に日本人には日本語のほうが
ダイレクトに伝わると思いませんか。

ちょっと空振りな感じがあるように思います。

 

相手の状況に最適化したもののほうが届く

「Have a nice day」(良い日を)

朝ならいいですが、私が受け取ったのは午後。

カフェはのくつろぎ時間を提供しているのですから、
nice day よりもnice coffee time とか、
お客の状況に最適化した表現がある気がしました。

[関連記事]  点と点がつながり線になるー私の場合は真田丸の絵が線になりつつある

そのほうがコーヒー休憩に来た人に
もっと刺さると思いませんか?

それもキチンと日本語でね。

手で書くのだから、決まり文句じゃなくても
いくつかパターンを用意して書いたらどうでしょう。

朝なら「おはようございます。この一杯で良い一日を」
夜なら「一日お疲れさまです☆」とか。
(※時間帯によってメッセージを実際に変えているかは確認していません)

そうすれば、お客さまはそのメッセージが
すぐ届くと思いませんか?

メッセージ on カップ

 

まとめ

きちんとコミュニケーションを成立させようとするなら、
お客さまの状況に合わせ、
相手が受け取りやすくする工夫が必要なんだなと思います。

独りよがりにならないよう、気をつけたいですね。

ということで、Have a nice day!

LINEで送る
Pocket


この記事を書いた人

竹花 香
ファン創造WEBプロデューサー。大中規模企業のWEBサイト ディレクション、デザインで伝えたいことを具体な形にする役割を担う。
メッセージ、面白いアイディアなど「まだ形になっていない見えないもの」の、見える・伝わる表現を探し出すことに熱が入る。そこが自分の使命であり、プロとしてのスキルでもある。基本はウェブ周り。
【好きなもの】ネコ、犬、絵、クロッキー、五平餅、牛皮、メロン、ラ・コルベリーヌのクルミ入酵母パン「ノア」、 エンタメ、青森ねぶた、映画。