投稿先:

究極の差別化でありブランディングは「あなたらしさ」

もっと自分自身を出していこう!

あなたの個性を出そう
LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

数多くのサービスがある中、
あなたは自分のビジネスをどう「差別化」しますか?
技術力を磨くこと?メニューを増やすこと?

残念ながら、それではお客さまがあなたを
選ぶ決定的な要素にはなりません。

一つは「人」「個」を感じさせること
それによってあなた(のビジネス)との
「つながり」を感じてもらえるから。

だからもっともっと、
あなた自身の味を出していこうよ、というお話です。
これが結局、差別化を超えた「独自化」になっていく。

 

格安航空会社バニラエア CAのユニークなトーク

格安航空会社バニラエアの出発前の、
ある男性CAのユニークなトークが話題になってます。
トークが終わった後、拍手が起こるそうですから。

テレビ朝日の「ナニコレ珍百計」で紹介されたました。
一部を記載するとこんな感じ。

本日も、バニラエアにご搭乗いただきましてありがとうございます。(略)
客室の前方におりますのは、食べる事が大好きで、
過去には 世界各国の料理を食べた経験を持っており、
特に特筆すべきは カエルを食べた経験をも
持っております。
なお 特技はヘン顔をすること。
もし運が良ければ このフライトの中で
彼女のヘン顔が 見られるかもしれません。

と、まるで観光名所かのようにクルーの特徴をとりあげ、
つい聞いてしまうエピソードも交えながら
面白く紹介しています。

そして、客室の中程に控えておりますのは
仕事では とてもしっかり者で 信頼の置けるクルーですが、
プライベートではほんの少し
おっちょこちょいのところがあり、
先日はなんと歯磨き粉で顔を洗ったそうです。

忙しいとあるあるだよねー。
…と、忙しい人が聞けば共感 & 苦笑(←自分)。

[関連記事]  意外と気づかないスマホでのFacebookカバーの画像切れ

こういう個人的なエピソードを聞くと
単なるイチ乗務員にぐっと親近感がわきますよね?

…そして私は本日この便の客室を担当いたします
責任者の櫻井翔… といえば全国的に有名なジャニーズの
アイドルグループの一員ですが、
実は彼とは 小学校からの同級生であり
もし彼と人生が入れ替わっていたら
どんな人生を歩んでいたんだろうと
日々妄想にふけっております、
わたくし ◯◯◯◯と申します。

ファンでなくても「ほぉーっ」。
ついその人の顔を確認したりして。

機内でお困りの際には、
どうぞお好みの客室乗務員までお申し付けください。
(略)
それでは皆様どうぞ他社では味わえない
一風かわった空の旅をお楽しみください。

指名!?(笑)と、
突っ込みの余地を残して終わる。

・・・・どうですか、こんな話をされたら、
座席前の雑誌を読むのを止めて
聞いちゃうでしょう?

単調でお決まりなものに聞こえがちな出発前のアナウンスが
「人」を感じさせることで、
乗務員/乗客の距離がぐっと縮む。

それによって、乗客の感覚が
単なる「機内で時間をすごす」から、
「あの人たちと一緒に過ごす」に変わっていく。

そして、
もしかしてLCCならまたここを利用しようかな?
またあの人にあたるかな、話がきけるかな?
ということにもなるわけです。

[関連記事]  伝わらなければ意味がない!名前は提供することを宣言するもの

hand-touch

どんなサービスでも「人」を感じさせること

やはりどんなサービスであっても、
人を感じさせること。人柄を出すこと。

これがものすごく大切なことだということです。

日本のサービスやモノの品質は高く、
今は高レベルなものがたくさんあふれている。

そんな中で、同じモノ、同じ価格なら、
やっぱり自分の知っている人とか、
印象が良い人だとか、
何かしら心に残ったところを選ぶと思うんです。

心に残るっていうのは人が関わらないと起こらない。

だから関わっている人の人間性を見せること。

人は信頼を人に対して持つし、
ファンになるのも人。

これがないとスペック比較されて
価格だけで判断されてしまう。

私たち個人事業主や起業家は、

その人らしさ、考え、シゴトに対するこだわりを、
もっともっと出していくべきではないでしょうか?

企業っぽく言うならば、
経営に対する哲学、思想とか、理念。

つまり
シゴトの上で、ゆずれないこと。

あなたをシゴトに向かって突き動かすもの。

そういうあなたの深いところにあるコト
どんどんアウトプットしていくんです。

あなたの深い部分をアウトプットしていくこと自体が、
あなたの強みにつながり、独自化になる。
そしてあなた自身のブランドの確立につながるんです。

だから差別化の必要はありません。
すでにあなたは他人と違うからです。

そうしていくことで、あなたの言葉や考えに
共感してくる人は必ず出てくる。

日々の発信は
もっともっと「あなたらしさ」を出してゆきましょう!

 

その他のおすすめ記事

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket


この記事を書いた人

竹花 香
ファン創造WEBプロデューサー。大中規模企業のWEBサイト ディレクション、デザインで伝えたいことを具体な形にする役割を担う。
メッセージ、面白いアイディアなど「まだ形になっていない見えないもの」の、見える・伝わる表現を探し出すことに熱が入る。そこが自分の使命であり、プロとしてのスキルでもある。基本はウェブ周り。
【好きなもの】ネコ、犬、絵、クロッキー、五平餅、牛皮、メロン、ラ・コルベリーヌのクルミ入酵母パン「ノア」、 エンタメ、青森ねぶた、映画。