投稿先:

これからのマーケティングは「個性」がますますパワーを放つ時代

「安売りするな!価値を売れ」出版記念セミナーに参加して

藤村正宏 出版記念セミナー
LINEで送る
Pocket

エクスペリエンス・マーケティングで有名な
藤村正宏さんの22冊目の著書「マンガでわかる! 安売りするな! 「価値」を売れ!」の
出版記念セミナーに行ってきました。

藤村氏のブログは拝読していたけれど、
とてもカンタンな言葉で、短く、かつ奥深いんですよね。

書籍は一冊程度しか読んでいなかったけれど共感することも多く、
ぜひお話を聞いてみたいと思っていたところ
セミナーをやるとSNSで告知を発見。しかし瞬時満席!

SNSのチカラを知る藤村さんらしい、
ソーシャルパワーによる見事な現象を起こしてました。
キャンセル待ちでようやくチケットを入手できました。

この書籍もすごい。発売前に1,500冊予約注文が入ったそう。
そのうちSNS経由の申込みが1,000冊。
有名な人の書籍でも500冊くらいだそうだから、
どれだけSNSで反響があったかがわかりますよね。

そして初版7,000部のうち2,400部、つまり三分の一をアマゾンが買ったそうな。
それだけアマゾンに見込まれてるわけですね。

セミナーの内容は、藤村さんと、この書籍に登場する実在の人たちが登壇するという構成。
場所はお台場観覧車のふもとにある、
バー付きのイベントスペース「カルチャーカルチャー」。
アルコールOKというから鷹揚です。

始まったらまあ、会場は大きな笑い声が何度もわき起こる。
先生は熱く語る。
登壇者の人たちは、自分自身をさらけ出して、
クセはあるけど、面白いしおかしい。

出版記念セミナー


「個性」を出し「好き」を出す人たちのパワーがすごい。

といっても、アホ言ってるだけでなくて
それぞれ、ちゃんとマーケティングを実践して結果を出している。
そして活気がある。

[関連記事]  独自ドメイン費が永久に無料になるXサーバーのキャンペーン申し込み方法

13時から21時なんて長過ぎると思ったのに
あっという間に感じてしまった。

やっぱり、楽しんでやらないとですね。
というより、楽しめることを仕事にしよう、ってことなわけですよ。

そして強く感じたのが「コミュニティ」
ご自身主宰の塾生が8割ということもあって、
このエネルギーやパワーが強いなと思った。

このイベントでの感想をツィートしたらあっというまに「いいね」やリツィートされたから。
短パン社長さんからもフォローされました(笑)
それだけあのイベントで同じ気持になっている人がいたってこと。

ああ、これでいいんだなと、どこかほっとした自分がいた。
堅苦しく教える必要なんかない。もっと自分を出してもいいんだって。
 

やっぱり人は正しいことより楽しいことに共感する

楽しい感じって、ものすごく吸引力がありますよね?
なんだろう、何やってるんだろう、
何だかいいなー、楽しそうだなー、自分も行ってみたいなーって。

だからもっともっと自分自身を出して「好き」を出すことが必要だと思った。

イラストレーターとの交流会のイベントを開いたりしていて、
本業ではないからあまり時間をさけないかなと思っていたけれど、
これはこれでどんどんやっていっていくべきだとも思った。

だって、これもコミュニティだものね。
同じ関心ごとを持つ人たちの集まりは、創らなきゃ。
これがSNS上では強力な伝搬力をもった拡散のエネルギーになる。
下手なマスメディアより強くなる場合だってある。

[関連記事]  逆説☆ファンを増やさないための7つの習慣【フェイスブック編】

そして同時に確信したことは、

これからのビジネスに「ファンを創る」ことが
重要という考えは
間違ってないってこと。

自分のビジネスでお客さまにどんな体験を与えられるのか?
そしてSNSで個人を出すってどういうことか?
もっともっと掘りさげて考える必要がある。

貴重な気づきをいただいたイベントでした!
次回も行こう!

出版記念セミナー

(サインを藤村先生にいただいているところを撮ってもらいました☆)

その他のおすすめ記事

LINEで送る
Pocket


この記事を書いた人

竹花 香
ファン創造WEBプロデューサー。大中規模企業のWEBサイト ディレクション、デザインで伝えたいことを具体な形にする役割を担う。
メッセージ、面白いアイディアなど「まだ形になっていない見えないもの」の、見える・伝わる表現を探し出すことに熱が入る。そこが自分の使命であり、プロとしてのスキルでもある。基本はウェブ周り。
【好きなもの】ネコ、犬、絵、クロッキー、五平餅、牛皮、メロン、ラ・コルベリーヌのクルミ入酵母パン「ノア」、 エンタメ、青森ねぶた、映画。