投稿先:

SNSで信頼されるには発信と交流!今はネット→リアルの時代

ネットでつながってから、知り合いになる時代に

知り合いだからつながるからつながって知り合うへ© by Squelle
LINEで送る
Pocket

Facebookは「リアルの知り合いと繋がる」が基本ルール。
でも、今は「リアルで知っているからネット上でつながる」より
「つながった後に知り合いになる」順序になっている気がします。

著名人ならともかくリアルでの知り合い数なんて限られるし
自分の行動範囲もそう急には変わらないし。

だからリアルをネットへ持って行くというよりも、
ネットがリアルに落し込まれて行く。
そんな感じじゃないでしょうか。

つながって(フォローする、友達になる)、知り合い、
そして信頼をつくっていく。これが普通の流れになっていく。

だから、たまにログインして眺めていないで
あなた自身をもっと発信しないと、
つながっても存在を忘れられてしまう。

 

どんどんアウトプットする

アウトプット

だまっていて分ってもらうなんて、ムリ。
どんどん、アウトプットして見えるかたちにしよう。

やって見ないと分らないことってたくさんあるし、
動かないと見える景色はかわらない。

だから一歩、今いるところからふみだそう。

アウトプットの何がいいかというと、
自分の思考の整理になる。

誰でも感じたり思うことはあるんだけど、
そのままにしているから、流れてしまう。
だからいざ書くとなると、すぐ出てこない。

それを引き出すのが、日々の発信という行動。
感じたこと、気づいたこと、メモってみる。
ソーシャルでつぶやいてみる。
ブログに書き綴ってみる。

はじめは、思うようなしっくりする言葉が
出てこないかもしれないけど、
はじめから上手い人なんていない。
気にせずに行動して、とにかく数をこなす。

[関連記事]  WEBで発信をしないビジネスは、存在しないことに同じ

突き抜けている人、目立っている人は、
必ず行動で、圧倒的な量を出している。

一朝一夕で到達しているわけじゃない。

量をこなすことで、磨かれる。
もちろん、その時の最大限の自分をぶつけた「質」も大事です。

適当な日記はダメよ。
 

どんどんコミュニケーションする

コミュニケーション
そしてもう一つ大事なのは、
つながった人とコミュニケーションをすること。

他の人の投稿やブログを読む。コメントする。
それって、自分がやってもらうとうれしい。
だから先にやろうってことです。

あなたのビジネスだけに共感されても、
あなた自身に共感されないとファンはできない。

ファンがいる人、いない人の違いって、
コミュニティがあるかないかの違いでもある。

会員制の何とかというものじゃなくて、
その人に共感したり、「好き」「いいな」って感じる人の
ゆるやかな集いみたいなもの。

これって、ものすごく拡散させるエネルギーと、
人を惹き寄せるパワーがある。

ビジネスにだけでなく、
あなたという人に対しても
好意を持ってもらうことが大切。

そのためには「良いことばかり言う人」の姿ではなく、
人間味を出しながら、
コミュニケーションを通じて信頼をつくり
本当の意味の「つながり」をつくっていくこと。

集客せずにお客さまがやってくる状態をつくることは、
そういうつながりを作る中で生まれるもの。

なのでソーシャルでは一方的な人にならず、
気まぐれにちょこっと近況報告をするだけでなく、
マメな発信と、つながった人との積極的な交流をやっていこう。
それがあなたのファン創りにつながる第一歩なのだから!

その他のおすすめ記事

LINEで送る
Pocket


この記事を書いた人

竹花 香
ファン創造WEBプロデューサー。大中規模企業のWEBサイト ディレクション、デザインで伝えたいことを具体な形にする役割を担う。
メッセージ、面白いアイディアなど「まだ形になっていない見えないもの」の、見える・伝わる表現を探し出すことに熱が入る。そこが自分の使命であり、プロとしてのスキルでもある。基本はウェブ周り。
【好きなもの】ネコ、犬、絵、クロッキー、五平餅、牛皮、メロン、ラ・コルベリーヌのクルミ入酵母パン「ノア」、 エンタメ、青森ねぶた、映画。