投稿先:

人気番組「あさイチ」に見るターゲットを絞る効果

ビジネスでは対象者を「より多くの人」ではなく具体的に絞ることが鉄則

あさイチーターゲットを絞ることで成功した番組事例に学ぶ
LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

NHK総合「あさイチ」は、2016年4月で丸6年目になる人気番組。
ターゲットを40代主婦に絞り、
その世代にマッチする悩みや関心ごとを取り上げ
ることで
反響のある番組づくりに成功しています。

ターゲットを定め、その行動や関心ごとを割り出し、
それに合わせて設計をして情報提供する。
ここにマーケティングの基本を見ることができます。

ビデオリサーチによると、
2015年3月23日~ 3月29日の教育・教養・実用【関東地区】
週間高世帯聴率番組10では、真相報道バンキシャ!を抜いて、
17.6%でトップ。
http://www.videor.co.jp/data/ratedata/backnum/2015/vol13.htm

夫を会社に送り、子供の登校を見送り、
一段落する8時〜8時半ちかく。
そこでNHKをのぞくと映っているのは、
自分の悩みをテーマにした特集!

取り上げられるテーマといえば…

  • こんなはずじゃなかった!親との同居
  • ラクラク!簡単!40代からの脊柱起立筋トレーニング
  • 意外と身近?“モラハラ” 夫が怖い・・・
  • いつやめる?高齢者の運転
  • あなたの家は大丈夫?欠陥住宅トラブル
  • 安保離婚
  • こどもがLGBT 親ならどうする?

ターゲット世代なら、そそられる話題ばかり。

「こどもがLGBT 親ならどうする?」なんて、
時事話題を取り上げつつ、
上手に「自分事」に引寄せさせている。

なかなかうまいテーマ設定だと思いませんか?

[関連記事]  技術を磨けばお客さまが来るわけではない!手に職の人こそ集客を学ぼう

 

あさイチ、ヒットの理由

ターゲットを具体的な人に設定するから、
いつ、どんな行動をし、
どんな悩みごとや関心ごとを持っているか見えてくる。

それに合わせたコンテンツ設計をするから、
的確なタイミングで(=行動がわかるので)、
的確な内容(=関心ごとがわかるので)を
届けられるわけです。

また、「キャスティング」も注目。

特にV6の井ノ原さんの雰囲気は、
悩みを聞いてくれて、受けとめてくれ、相手を立ててくれる。
妻子持ちですから、家庭の事情もわかる。

男性の見る目もキビしくなる番組視聴者世代の女性にも、
高い好感度で映る男性ですよね。

もし「オレについてこい」タイプだったとしたら
視聴者に反感を買われますよね?

そしてもう一つターゲットを取り込む工夫があります。

直前に放映される
「朝ドラの内容をうけて番組スタート」という形式。

自分が先ほどまで見ていた朝ドラの感想を
キャストが話すシーンから番組が始まります。
有働アナが涙目で感動してる姿も見られたり。
朝ドラファンも、つい共感してしまう。

ORICON STYLEが2014年9月に行った
「10~40代の男女を対象に朝ドラに関するアンケート調査」
によると、
「朝ドラを見る習慣がある」と
答えた人の中で最も多い世代は、40代。

番組ターゲットとばっちり合う。
だから違和感なく、朝ドラからここへ、
うまく視聴者を取り込めるようになっているのです。
 

[関連記事]  逆説☆ファンを増やさないための7つの習慣【フェイスブック編】

あなたのビジネスのターゲットは誰か

よくありがちなのが
「できるだけ多くのかたに受け入れてもらいたい」
というもの。

「いろんな人に」というのは、
一見、多くの人に取り入れてもらえるようで
結局は誰にも届きません。

対象を漠然としたままでの発信は、
ぼやけて弱くなり、結局伝わらないからです。

あなたの商品をよろこぶ人はどんな人か、
可能な限りターゲットは具体的に考えましょう。

  • お客さまは男性?女性?
  • 世代は?
  • 家族構成は?
  • 関心ごとは?
  • 抱える悩みは?
  • 普段の行動は?
  • 情報を集める先は?

それによって
行動、好み、関心ごと、悩みごとが見えてくるので、
それに合わせた解決策や、役立つ情報を、提示してあげる。

自分の困っていることへの解決案なら、
その人は喜んで欲しいと思いますよね。

対象を具体的にして絞ること。

これはどんなマーケティングでも共通です。

もしあなたのお客さまがまだ漠然としているなら、
どういう人が理想のお客さまか、
一度、具体的に書き出してみてみましょう。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket


この記事を書いた人

竹花 香
ファン創造WEBプロデューサー。大中規模企業のWEBサイト ディレクション、デザインで伝えたいことを具体な形にする役割を担う。
メッセージ、面白いアイディアなど「まだ形になっていない見えないもの」の、見える・伝わる表現を探し出すことに熱が入る。そこが自分の使命であり、プロとしてのスキルでもある。基本はウェブ周り。
【好きなもの】ネコ、犬、絵、クロッキー、五平餅、牛皮、メロン、ラ・コルベリーヌのクルミ入酵母パン「ノア」、 エンタメ、青森ねぶた、映画。