投稿先:

プロフィールが空欄の人はお客さまに自分を知らせる機会を失っている

プロフィールはあなたを手早く知ってもらう大事なコトバ!!

プロフィール空欄はNG!あなた何者かかわかりません!
LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

Facebookのプロフィールが空っぽの人、
起業家さんでもとっても多いですね〜

ホント多い。
タイムラインはがんばって更新しているのに、
何も書いていない。

中にはしっかり書いている人もいるけど、
印象としては 7割ちかく、ほぼ空欄。

プロフィール欄は書いてないわ、
メッセージも無しに友人申請はするわ、
あなた、どういう人かさっぱりわかりませんよ!

アメブロのプロフィールは書いているのだから、
ソーシャルのアカウントを作ったときに
プロフィールとか自分の情報を入れるところが
あるんじゃないか?と考えないといけません。

出身地や生年月日はまじめに入れている人が多いんですが、
埋めなきゃいけないのはそこじゃない!

それより先にプロフィール欄を充実させてください。

あなたの投稿に少しでも関心を持った人に
見てもらえる、あなたのメッセージを置ける場所なのですから。

お茶会やらセミナーでタグづけされた写真が
大量にタイムラインを埋め尽くして
あなた自身の投稿がちっとも見えない。
そんな人もいます。

それがいけないということではなく、
そういうタイミングで
あなたのアカウントページをのぞくと、
プロフィール欄は空っぽだと
あなたがどういうことをしている人なのか、
どんなメッセージを発している人なのか
探したくても探せないんですね。

[関連記事]  SNSで信頼されるには発信と交流!今はネット→リアルの時代

いちいちSNSのタイムラインさかのぼるのは
大変なんですよ。
そうして友達申請をやめた人は何人もいます。

 

WEBもソーシャルもいろんな人が出入りする場です。

あなたの知り合いだけに目を向けるのではなく、

あなたに関心を持ってくれた人に対しても
意識を向けて欲しいということなんです。

自ら「つながる」機会を失ってはいけません。

ビジネスでソーシャルを使うのであれば、
初めて見る人にあなたが何屋さんであるのか
分かるようにしておくこと。

一般的な肩書きだけでは
あなたの特長を表現しているものになりません。

あなたが何者でどういうメリットをお客さまに与えられる人か。
目指すもの。ミッション。

あなたの想いと一致する言葉を創りだしましょう。

公開したあとに何度も修正して更新していけばいいんですから
思い切って文をつくってみることです。

 

URLをたくさん並べるのはやめよう

たくさん見てもらいたいからと、URLの羅列はやめること。

アピールしたい気持はわかりますが
たくさん並べても見る人が迷うだけ。

そういう人にかぎってリンク切れとかあるんですから…

URLは、これというもの一つにしぼりましょう。

その1つに絞って載せたリンク先に
残りのURLを説明をつけて載せればよいことです。
スッキリですね☆

 

あなたを知らない人があなたのプロフィール欄をのぞくとき、
あなたを知ってもらう絶好のチャンスなのです。
関心を持ったお客さまに肩すかしさせないよう、
あなたのプロフィールは、今日、さっそく埋めてしまいましょう!

その他のおすすめ記事

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket


この記事を書いた人

竹花 香
ファン創造WEBプロデューサー。大中規模企業のWEBサイト ディレクション、デザインで伝えたいことを具体な形にする役割を担う。
メッセージ、面白いアイディアなど「まだ形になっていない見えないもの」の、見える・伝わる表現を探し出すことに熱が入る。そこが自分の使命であり、プロとしてのスキルでもある。基本はウェブ周り。
【好きなもの】ネコ、犬、絵、クロッキー、五平餅、牛皮、メロン、ラ・コルベリーヌのクルミ入酵母パン「ノア」、 エンタメ、青森ねぶた、映画。